WEBのライターが知っておくべき記事作成のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SEOでオーソリティーを獲得している人物や、サービスが運用するオウンドメディアやセミナーで「Googleのアルゴリズムが進化して、ユーザーニーズを捉えていない低品質な記事の順位は上がらない」などと言われています。

個人的には半分賛成で、半分は反対です。

なぜならこの記事は、リード文以外はクラウド型の記事外注サービスで発注した文章を入れているだけだからです。

(この記事を見てる方がいる≒順位が獲得できているため、本件の成功を意味していると解釈しています)

記事の発注には以下の部分だけ指定をしました。

  • タイトルテキスト
  • 見出しテキスト

このように月間検索ボリュームが少ないキーワードであれば、ある程度のポイントさえ抑えておけば質が低いライターが書いた記事でも順位は獲得できます。

今回はShinobiライティングの見出し付き発注を利用して記事を作成しました。

<記事の依頼内容>

  • 文字単価:1円
  • 文字数:2,000文字
  • 見出し数:10
  • 1見出しの文字数:200文字
  • 見出しに挿入する文字:Googleサジェストから抜粋
  • ページ単価:2,000円

以下はクラウドで上がってきた文章をペーストしただけの文章です。(SEOのための文章なので読む必要はありませんw)

webライターに求められる記事の書き方とは?

webライターは特定のターゲットを意識した記事の書き方が求められます。

訪問者は検索エンジンでキーワード検索をして記事に辿り着くので、訪問者が有益な情報を得られる工夫が必要です。
webにはさまざまな情報が流れていますが、大切なのはオリジナリティがあることです。

他にない情報を得られるサイトを目指して作成をすれば、自然と訪問者は増えるでしょう。
もちろん読ませる文章スキルは必要となりますが、基本は子供が読んでもすぐに理解できることです。

昔から小学生が読むことを意識した文章を心がけると失敗はないと言われています。
文章は自分が思っているよりも相手に伝わりにくいため、読み手に対して親切丁寧になることが大切です。

紙とwebでのライティングの違い

紙とwebでのライティングでは求められるスキルに違いがあります。

どんなに有益な記事を作成しても、キーワード検索にヒットしないと読まれることはありません。
メインとサブキーワードを意識した記事作製が必須となるため、検索エンジンの上位キーワードなども把握しておきましょう。

一般的にwebライティングは紙と比較すると、校正作業がそれほど厳しく入ることはありませんが、昔と比べてライター人口が増えているので競争率は激しくなっています。
専門分野に特化した記事、面白い記事を作成できるライターが重宝される時代です。

webライターは取材をするケースはまだ少なく、信頼できるwebサイトを見極めて情報収集し、記事を作成していくのが一般的な流れとなります。

記事作成の依頼にはどんなものがある?

記事作成の依頼内容はクライアントによって異なり、要求に合った記事作成が求められます。

特定の人物になりきったブログ記事・SEO対策用のサテライト記事の作成最近は本格的に取材して作成する記事の依頼も増えており、webライターに求められるスキルは昔より上がっています。

ライターになるために特別な資格は必要ありませんが、売れるライターになるのは簡単ではありません。
何でも書けるという人は少なくありませんが、特定分野を詳しく書ける人はあまりいません。

例えば医療や税務など専門分野で活躍していた方なら、これらの分野での記事作成で有利になりますし、高い単価での依頼を勝ち取ることができるはずです。
得意分野に特化した記事作成を求めているクライアントを探すことが大切です。

クラウドソーシングで記事を作成する際の書き方

クラウドソーシングによる記事作成のメリットは、自分の好きなときに作業できることです。
専業主婦が本業として行なっている場合もありますし、会社員がお小遣い稼ぎでやることもあります。

昔のクラウドソーシングは高いハードルを求められることは少なく、指定キーワードが含まれていれば承認されることがほとんどでした。

しかし現在は質を求められる時代になり、高品質記事を書ける人に対して依頼が集中します。
クラウドソーシングの記事は読みたいと思わせることが何より大切です。
ネット上にはさまざま情報があり、差別化を図らないと読んでもらえません。

  • 独自の視点が入っている
  • 他にない有益な情報を提供している
  • 誰でも理解できるわかりやすい文章

などを意識した記事の書き方を実践してみましょう。

SEOを意識したライティングが求められる場合

SEOとは検索エンジン最適化という意味であり、検索エンジンからの評価が高い記事ほど上位表示されます。
ほとんどの人は1~3ページ目で情報収集をしており、それから先のページはほとんど読みません。

特に1ページ目の上位に表示されていることは、集客・宣伝効果が最も高くなります。
検索エンジンを利用する方は欲しい情報をキーワード検索して見つけ出します。

どのようなキーワードを使用するかはクライアント側から指示があるので、それを守っていれば問題ありません。
キーワードは指定回数の範囲であれば少なくてもよく、多く使えばよいものではないです。

不自然にキーワードが散りばめられていると、読みにくい文章になるので注意してください。
ライティングの基本は読んでもらえる文章を作成することにあります。

検索エンジンに評価される記事の書き方

検索エンジンに評価されるにはキーワードを適切に盛り込むことが大切ですが、有益で読まれる記事の書き方をすることも重要です。

webサイトには似たような記事が見られます。

  • 特定のサイトを参考にして書く人が多い
  • リライト作業により作成している
  • などが理由と言えます。

似たような記事が量産されてしまうと価値が下がってしまうのが現実です。
そうなれば先に掲載されているサイトのほうが検索エンジンの評価は高くなりやすいです。

ライバルに勝つためにはオリジナリティのある記事を作成し、訪問者・訪問時間を増やしていく必要があるでしょう。
小手先のテクは見抜かれる時代なので、結局は労力を費やしてコツコツと作成したほうが得策です。

低品質の記事を量産して投稿しても、結果的に検索エンジンからの評価は下がっていきます。

キーワードの内包率を考えて文章を書く

有益な文章を作るためには読みやすさもポイントとなり、そのためにはキーワードの内包率が重要です。
キーワードがゼロだと検索エンジンにヒットしないので意味がありませんが、キーワードの割合が高すぎても読みにくいです。

サブキーワードの指定もある場合は、文章に違和感がないように工夫して盛り込んでいくことが大切になります。
無理にキーワードを入れてしまうと不自然になるので、ここはライターの腕の見せどころでしょう。

読んでもらうためにはタイトルも重要なので、よい意味でタイトルで釣るように工夫してください。

もちろんタイトルに負けない記事内容にする必要があるため、よいタイトルをつけたなら高品質の記事が求められます。
SEO対策の効果を高めるためにも、キーワードの内包率とタイトルにはこだわりましょう。

webライティングの初心者が間違えやすいこと

Webライティングの初心者が注意したいのは、常にGoogleなどの検索エンジンを意識して作成することです。
紙媒体で活躍してきた方が間違えやすいことに、キーワードを無視して品質を追求してしまうことがあります。

確かに高品質の記事は価値の高いものですが、Webでは検索エンジンに引っかからないと意味がありません。

SEOを意識した上で高品質のライティングをすることが大切なのです。
キーワードはバランスよく散りばめるのがコツで、読み手に不自然だと思わせないことが大切になります。

Web媒体は紙媒体と比べても、訪問者が読みにくいと感じるとすぐに閉じられてしまいます。
紙以上にわかりやすい文章を心がけることが大切なのです。

ブログの記事の書き方

トンマナとはトーン&マナーのことであり、一貫性のあるデザインのことを指しています。
ブログ記事の書き方としてトンマナを意識することがあり、ひと目でどのようなブログか読み手に知らせることが大切です。

web媒体の特徴として第一印象が大切なことがあり、訪問者は3秒間の間に読むかどうか判断すると言われています。
雰囲気と文章がミスマッチだと読まれにくくなるので、デザインにはこだわりましょう。

どんなに有益な記事を更新していても、読まれなければまったく意味がありません。
読まれるブログ記事を書くためには、上手な人の真似をしてみるのもおすすめです。

内容をそのまま真似てはいけませんが、書き方は大いに参考にしてください。
自分のキャラを前面に押し出すことが、読まれるブログ記事の基本と言えます。

おすすめのwebライターブログ

ブログライターが読まれる記事を書くコツは、アクセスが多いブログ記事を参考にしてみることです。

おすすめのwebライターブログを参考にするのもよく、そうすれば読まれるのか自分なりに考えて工夫してみましょう。
よい記事は一度読むだけですーっと頭に入ってくるのが特徴です。

伝えたい内容は同じでも書き手によって書き方はまったく変わってきます。
自分が伝えたいことは自分が思っているほど相手には伝わらず、70%も伝わればよいほうです。

わかりやすく完結にそれでいて説得力のある文章は好まれます。

読み手が結論を出すための手助けをしてあげられる文章は好まれますし、再訪問してもらいやすいです。
リピーターの多いブログ記事を参考にして、書き方・伝え方を学んでいきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*