Googleが推奨するSEO効果の高いタイトルの付け方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

皆さんは記事を作成する際に、どのようにページのタイトルを決めていますか?

  • 覚えやすいタイトルをつける
  • クリック率の高そうなタイトルをつける
  • バズりそうなタイトルをつける
  • 競合サイトのタイトルを真似て作る

などページの作成意図や人によって様々でしょう。

検索順位の上位表示を目的とするページを作成する場合には、 Googleからの評価を得られやすいタイトルをつける必要があります。

具体的には、GoogleがSEOの内部対策として公表しているガイドラインに沿ってタイトルを付けます。

逆に、どんなに質の高いページを作ってとしても、Googleのガイドラインに抵触するようなタイトルをつけてしまうと上位表示は困難になります。。。

タイトルテキストの命名方法については、Googleが以下の2つのガイドラインを公式情報として公開しています。

上記のガイドラインに記載されている内容は、運営中のサイトやブログのアクセスを、検索エンンから獲得しようと考えている人に必要な知識で覚えておいて損はありません。

今回はGoogleのガイドラインの内容をわかりやすく紹介します。

Googleが推奨するSEOを意識したページタイトルの付け方

GoogleはSearch Console ヘルプにて、わかりやすいページタイトルを付けるよう促しています。
SEOスターターガイドでは、理想的なタイトルは以下の2つを満たすものであるとの記述があります。

  • Googleからみたわかりやすいタイトル
  • 検索ユーザーからみたわかりやすいタイトル

これら2つの立場からみた理想的なタイトルを理解することで、SEOに最適なタイトルテキストを付けることができます。
それではそれぞれの立場からみた、わかりやすいタイトルの付け方について紹介します。

Googleからみた「わかりやすいタイトル」の付け方

Googleからみたわかりやすいタイトルとは、Googleのシステムを阻害しない・処理をしやすい記述であるかです。具体的な対策内容は以下の3つです。

  • クローラーの巡回をブロックしない
  • meta要素にnoindex指定
  • タイトルは<title>タグでマークアップする

コーダーやエンジニアなどWEBサイトの運営に携わっている人ならば、知っていて当然の内容です。

システム的な内容でSEOに強いタイトルのつけ方と直接関係はありませんが、間違った記述をしていると検索結果にサイトが表示されません。

また、wordpressやFC2などのブログサービスを利用しているサイトは、これらの記述は最適化された状態でページが公開されているため、特段気にする必要はありません。

しかし、自分のページ名で検索しても検索結果に表示されないようであれば、今回紹介するポイントが何らかの影響を与えている場合があるため、調べてみると良いでしょう。

以下にて、詳細を説明します。

クローラーの巡回をブロックしない

運用するサイトのrobots.txtにDisallowが記述されていると、クローラーの巡回をブロックしているため検索結果にページが表示されません。

<クローラーとは>

Google では、「ウェブ クローラ」と呼ばれるソフトウェアを使用して、公開されているウェブページをクロール(情報を取得)します。最もよく知られているクローラは「Googlebot」です。クローラは、ユーザーがウェブ上でコンテンツを閲覧する場合と同じように、ウェブページを見て、ページ上のリンクをたどります。リンクからリンクに移動し、これらのウェブページに関するデータを Google のサーバーに蓄積していきます。

クロールとインデックス|Googleより

クローラーによってGoogleサーバーに蓄積(通称:インデックス)されたページが検索結果に表示されます。
つまり、クロールをブロックしていたり、Googleのサーバーに蓄積されることを拒否しているサイトやページは検索結果に表示されません。

そして、クローラーはrobots.txtにコードを記述してアクセス可否を指定することがます。
Disallow(否定する・許可しないといった意味)の指定をいれると、指定のドメインやディレクトリ、ページに対してクローラーのアクセスを拒否することができます。

つまり、Disallowの指定がされたページは、検索結果に表示されません。

サイトやページが検索結果に表示されない場合、robots.txtに以下のDisallow指定がされていないか調べてみましょう。

サイト全体に対してクローラーのアクセスを拒否
User-Agent:*
Disallow: /
ディレクトリに対してクローラーのアクセスを拒否
User-Agent:*
Disallow: /example/
ページに対してクローラーのアクセスを拒否
User-Agent:*
Disallow: /example/sample.html

順位をあげたいサイトやページにたいして上記の指定がされている場合には、コードを削除する事でクローラーのブロック指定を解除できます。

またrobots.txtは、通常WEBサイトを管理するサーバーの最上位(サイトトップページと同じ場所)にあります。

meta要素にnoindex指定

該当するページの<header>内のmeta要素にnoindexが記述されているページは検索結果に表示されません。

これはnoindexが、「指定したページのインデックス拒否」を指示するコードだからです。

具体的には、ページに以下のソースが記述されている場合が該当します。
<meta name=”robots” content=”noindex” />

Googleにインデックスされなければ、検索結果にページは表示されません。
SEO対策を実施しているページにこのソースが記述されている場合は、コードを削除することでインデックス登録がされるようになります。

タイトルは<title>タグでマークアップする

<title>タグはページのタイトルを指定するタグです。
タイトルでマークアップ(記述)したテキストが検索結果に表示されます。

titleタグ内のテキストが検索結果に文字として表示されている画像

この<title>タグでのマークアップは、SEOにおいて重要な内部対策のひとつです。

仮に<title>タグの記述を忘れた場合、Googleはページ内に書かれている文章を自動で抽出して検索結果に表示します。

しかし、この場合にはサイト運営者がターゲットとしているキーワードがタイトルに必ずしも表示されるわけではありません。結果的にはターゲットキーワードでの上位表示が困難になるため、必ずマークアップするようにしましょう!

続いては、検索ユーザー目線でみた「わかりやすいタイトル」の付け方について説明します。

検索ユーザーがわかりやすいタイトルを付ける

検索ユーザーがわかりやすいタイトルとは、タイトルを読むだけでページの全体像がわかる内容であることです。Googleは以下のタイトルを推奨しています。

  • 具体的でわかりやすいタイトル
  • キーワードをタイトルに詰め込み過ぎない
  • おなじタイトルのページを作らない
  • 下層タイトルはサイト名の前にハイフン、コロン、パイプを付ける

これらを踏まえたタイトルをGoogleは質の高いタイトルと呼び、世の中のWEBの製作者たちに推奨しています。

「推奨」=「検索順位を決定するうえで正当な評価をする」つまりは、高いスコア(順位を決定するうえでの点数)をつける。といった行間が読み取れます。

質の高いタイトルの付け方について、以下にて詳しく紹介します。

具体的でわかりやすいタイトルを付ける

以下は、Googleの「Search Console ヘルプ」に記載されている、具体的でわかりやすいタイトルの作り方について書かれた文章です。

ホームページに「ホーム」、特定の人物のプロフィールのページに「プロフィール」のような曖昧なタイトルは付けないようにします。また、不必要に長すぎるものや冗長なものも避けます。検索結果にタイトルが表示されたときに、その一部しか表示されなくなります。
検索結果に効果的なタイトルとスニペットを作成する – Search Console ヘルプより

具体的でわかりやすタイトルの付け方については以下を参考にしてください。

例)サイトトップページの場合
曖昧なタイトル:ホーム
具体的なタイトル:SEO対策の方法を紹介するサイト
例)人物のプロフィールページの場合
曖昧なタイトル:プロフィール
具体的なタイトル:○○のプロフィール

曖昧なタイトルとは、内容をしっかりと捉えることができない、ハッキリとしない内容を指します。
具体的なタイトルは、ページの内容がはっきりとわかる文章のことです。

また、以下の3つの要素を含めると、より具体的なタイトルが作成できます。

数字を入れる
数字とは、数量、割合、速度、重さ、長さ、日時などです。
数値を入れることで具体性が高まり訴求力の強い、クリック率が高いタイトルが作れます。タイトル例)
渋谷でおすすめのランチ10選
1ヶ月で体重を10キロ落とすダイエット術
CVRを2倍に増やすLP案
固有名詞を使う
固有名詞とは、人物、商品名、地名、建物名、ブランド名、グループ名などです。
固有名詞を入れることで文章がわかりやすくなります。タイトル例)
ケンタッキーの新商品「CHIZZA」が凄すぎる件
無敵を誇ったナポレオン軍が用いたランチェスター戦略
根拠を入れる
根拠を入れることで信憑性が高まり、因果関係も捉えることができます。
根拠は、国交省、公的機関、権威者、新聞といった信頼性の高いデータを利用しましょう。タイトル例)
厚生労働省が発表した平均所得537万が高すぎると話題に!
高須クリニックの院長が話す二重手術の実態

例文を参考に、「数値」「固有名詞」「根拠」をタイトルに含められるか考えてみると良いでしょう。

またGoogleは不必要に文字数の多いタイトルを避けるべきと発言しています。

Googleはタイトルが長すぎる場合、全文を表示させず省略記号(…)をつけて文章を切り捨てます。
タイトルテキストが検索結果で全文表示されていないことを照明する画像

検索結果に表示される文字数は、デバイス別に以下の制限が設けられています。

<デバイス別の文字数>

  • PC版:32文字
  • スマホ版:45文字(調査した範囲での数値)

この検索結果で表示される文字数を目安としてタイトルをつけることをおすすめします。
タイトルに最適な文字数は32文字以内を目安として作成しましょう。

キーワードをタイトルに詰め込み過ぎない

同じキーワードの繰り返しや、類似キーワードの詰め込みは最悪の場合、キーワードスタッフィングと呼ばれるスパム行為に該当し、SEOに逆効果をもたらします。

キーワードスタッフィングとは、「Keyword=キーワード」「stuffing=詰め物」ことを意味する単語です。

順位を上げる目的で過剰にキーワードを詰め込み、上位表示をさせる手法で、2010年以前にブラックハット(悪質な)SEO業者が用いたスパム行為で、現在は順位を上げる効果はありません。

タイトルにキーワードを詰め込みすぎてもペナルティーを受けることはありませんが、SEOに対してプラスに働くこともありません。

Googleのウェブマスター向け公式ブログでも明言されています。

キーワードの乱用 は Google のウェブマスター向けガイドライン違反です。いわゆる「理想的なキーワード密度」は存在しませんので、ユーザーのことを第一に考え、自然なコンテンツを作ることを心掛けましょう。キーワードを頻出させて、ユーザーが文章を読む際の邪魔にならぬよう、気をつけましょう。
Google ウェブマスター向け公式ブログ: Google のインデックスやランク付けなどに関する、10 の誤解より

以下の例文はNG集です。

<キーワードの繰り返し>
<title>SEO対策を知って適切なSEOができるSEO担当者になる方法</title>

<キーワードの詰め込み>
<title>SEO対策・検索エンジン最適化・Search Engine Optimizationの方法</title>
例文は、誰がみても文章として明らかに違和感を感じる内容だと思います。
過度なSEOは避け、わかりやすく具体的なタイトルを付けるように心がけましょう。

おなじタイトルのページを作らない

サイト内に重複したタイトルが多く存在する場合、サイト全体の評価が下がる可能性があります。

重複したページは、Googleが提供するサーチコンソールの「検索での見え方」>「htmlの改善」でサイト内に存在するか確認できます。

サーチコンソールで重複したタイトルが存在する指摘が表示されている画面の画像

サーチコンソールでタイトルの重複としてピックアップされたページは、固有のタイトルに変更しましょう。

下層タイトルはサイト名の前にハイフン、コロン、パイプを付ける

ページの内容とサイト名をわかりやすくするために「-(ハイフン)」「:(コロン)」「|(パイプ)」で区切ります。
具体的には以下のように記載します。
<title>Googleが推奨するSEO効果のあるタイトルの付け方 – SEOの教科書</title>
<title>Googleが推奨するSEO効果のあるタイトルの付け方:SEOの教科書</title>
<title>Googleが推奨するSEO効果のあるタイトルの付け方|SEOの教科書</title>
サイト名は前に記述しても問題ありません。

まとめ

タイトルは検索結果に表示され、SEOにおける重要性は高い。
簡潔で具体的にページの内容がかかれたタイトルを意識して作成しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*