2018年 9月 の投稿一覧

SEOのためのmeta(メタタグ)の一覧と書き方|descriptionの文字数・keywordsの効果について

SEOのためのmeta(メタタグ)の一覧と書き方|descriptionの文字数・keywordsの効果について

メタタグはページに表示されないソースコードです。

役割は、ページに関する情報を検索エンジンとユーザーに伝えることでSEOにとっても重要な役割があります。
いわゆる内部対策ってやつですね!

そして、SEOには関係が無くなったメタタグもあります。
SEOの情報をアップロードしていないコーダーや担当者は、残念なことに意味のないメタタグをSEO効果があると盲目的に信じている人たちも多くいます・・・!

メタタグは有名なところではタイトルタグやdescription(ディスクリプション)など複数の種類があります。

HTMLタグや内部対策と聞くと難しい印象を持つ人もいるでしょうが、技術的な難易度は低く意味と役割さえ理解しておけばバッチリです!

メタタグの理解は、SEOの基本の「き」をひとつを抑えることを意味します。

このページでは、SEOのために最低限知っておくべきメタタグについて紹介します!

ページを読んだ後には、胸を張ってメタタグについて誰かに話せるレベルまで知識レベルを引き上げます!
頑張って付いてきてください!! 続きを読む

画像(PNG・JPG・GIF)が圧縮できるおすすめの無料ツール5選|ファイルサイズを縮小してページ表示スピードを早くする!

ページの表示スピードはSEOのテクニカルな対策としてとても重要です。
2018年の7月にはスマホページの読み込み時間を検索ランキングの要素に使用するSpeed Updateがロールアウトされています。

スピードアップデートをざっくり解説
他のサイトに比べてページの表示すぷーどが遅い場合、検索順位を決めるページの点数を減点する。
遅ければ遅いほど減点される点数は増えます・・・!
<減点イメージ>

  • 普通:+-0点
  • 少し遅い:-5
  • 遅い:-10
  • めっちゃ遅い:-20
  • とんでもなく遅い:-30

ページの表示スピードを向上させると、ユーザーの検索体験の向上や、CVRの上昇、直帰率を低下させるプラスの効果があります。

ページスピードの改善方法は、

  • CSSやJSファイルの圧縮
  • ファーストビューのレンダリング範囲の指定

などなど、技術的な対応が必要になります。

しかし、技術的な対策を行わずにマーケ担当やブロガーなど非エンジニアがページスピードを高速化させる方法があります。
それが画像の圧縮です!!!

しかも、画像の圧縮はフォトショップなどの画像加ソフトを使わずにWEBのフリーツールで簡単にできてしまうんです・・・!
無料の画像圧縮ツールは多く提供されています。

しかしツールによって画像を圧縮できるデータの容量が違うんです!

このページでは、写真画像とイラスト画像を複数の無料ツールで圧縮した結果と、圧縮率ランキングを紹介します!

画像を圧縮できるおすすめの無料オンラインツール 続きを読む