【2017年版】SEO効果の高い2つのタイトルの付け方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

普段、僕は自社メディアを運営する会社でインハウスのSEO担当者として働いています。
業界的にも競合性が高いキーワードをターゲットとして、日々対策を講じています。

以下は、僕が担当するサイトの大まかな対策内容を、年次で紹介します。

2014年
ペイドリンク(SEO業者から被リンクをつけてもらう)中心の対策
2015年
ペナルティーを受け順位低下
ペナルティーは解除したがペイドリンクによる対策が効かなくなったため、SEO業者に見切りをつけ提携解除その後、マイナス評価を正当な評価まで引き戻す施策を実施して順位が若干の上昇順位が伸びきらない中、よく耳にする機会が多かったコンテンツSEO(記事を作成して順位上昇を図る対策手法)をトライアルしたところ順位が上昇。手ごたえを感じる
2016年
コンテンツSEOを中心とした対策で、ターゲットキーワードで1位を獲得

複合キーワード、周辺キーワードも上位表示され、アクセスは昨年対比200%以上を達成

2017年
引き続きコンテンツSEOを進めつつ、コンテンツマーケティングに着手

1年間コンテンツSEOに注力したことで、検索上位にリクルートと価格コムがいるなか1位を達成できました。

しかし、1位までの道のりは簡単なものではなく、様々なサイトの調査、トライアルを繰り返していくなかで記事の作成精度をあげていきました。

そして、多くのサイトの調査をするなかで、いくつかのコンテンツSEOサイトが、競合性の高いキーワードや検索ボリュームの大きいキーワードで上位表示されているのを目にしました。

上位表示されているページには、法則性のようなものが見られました。
ずっと気になっていたので、今回時間を使って調査を進めた結果Googleから高く評価されるタイトル付け方を発見しました。

久しぶりに面白い発見ができましたので、当ブログにて紹介します。

このタイトルの命名規則を実践する事で、上位が狙えることはもちろんですが、キーワードの選定やページ内容のプランニングする時間を短くする事ができると思います。

新規のページを作る予定のある方は是非お試しください!(フィードバックお待ちしております)

タイトルに対義語を入れるとGoogleに高く評価される

タイトルに対義語テキストを入れると順位が上がる

2015年の末から2017年にかけて、対義語をタイトルに付けたページが上位に表示されています。

具体的には、以下のようなタイトルです。

  • SIMロック解除とは?方法やメリット・デメリットをわかりやすく解説
  • ネットショップを開業して成功・失敗したショップの共通点
  • 高い補聴器と安い補聴器、何が違うの? 補聴器の価格について

「メリット・デメリット」「成功・失敗」「高い・安い」など、タイトルに対義語を入れています。

<対義語とは>

同一の言語のなかで,その持つ意味が反対の関係にある語。「出席⇔欠席」のように中間の段階が考えられないもの,「大きい⇔小さい」のように中間の段階のあるもの,「親⇔子」のように両者が相互関係にあるものなどがある。
対義語とは – Weblio辞書より

対義語を使ったタイトルのつけ方は、YMYL(お金と生活)、商品や食品などのページで効果があります

扱う題材によって有効な対義語が異なる結果が見られたため、種別ごとに有効な類義語を紹介します。

ページ種別 対義語 使用例
お金の運用に関するページ メリット・デメリット 個人型確定拠出年金のメリット・デメリット
生活に関するページ メリット・デメリット 持ち家にするメリットとデメリット
商品に関するページ 高い・安い 高い一眼レフと安い一眼レフに見られる7つ特徴
食品に関するページ 良い・悪い 良い油と悪い油の種類をしってキレイにやせる
距離に関するページ 近い・遠い 駅から近い家と遠い家での家賃の差
速度に関するページ 速い・遅い 速いロードバイクと遅いロードバイクの違い

投資などお金の運用系のページには「メリット・デメリット」、物販系の商品に関しては「高い・安い」など、テーマにあわせた対義語を利用しましょう。

タイトルのリストファイル:類義語が入ったタイトル調査リスト_seoの教科書

それではなぜタイトルに対義語が入っていると評価されるのでしょうか?
理由はGoogleがアンサーエンジンの開発を目指しているからです。

アンサーエンジンとは、ユーザーの検索意図を読み取り、最も欲しい情報を表示する検索エンジンのことです。

出典:Sideshow Goods

現在はブラウザに文字を入力して検索をしていますが、将来的にはSF映画のような、音声検索やパーソナルアシスタントを実現するためにアンサーエンジンの開発を進めています。
参考リンク:音声検索と未来の検索ついてのレポート

映画のような音声検索を実装するには、検索エンジンがコンテキスト(前後の脈略)を理解する機能を必要とします。

例)コンテキストを理解した音声検索

この近くに、お城はある?
→はい。2キロ先に名古屋城があります。
入場料は?
→500円です。
特徴は?
→天守閣に備え付けられた2体の金のシャチホコです。

はじめに名古屋城について質問されたら、以降の城についての質問は、名古屋城についての情報を返します。これが文脈を理解した検索エンジンです。

このように音声検索は、前回の検索情報をもとにして、以降のリクエストに対して自動的に検索範囲を絞る機能を必要とします。

アンサーエンジンの完成形は、人間と会話するのと同じレベルまで引き上げることです。
「いつものピザを注文して」と話すと、履歴を参照にいつも利用しているデリバリーピザ屋に、毎回注文しているピザを自動で注文できる日も、近い将来に実現するかもしれません。

そして現在の検索エンジンも、コンテキストの理解が進み、ユーザーの検索意図に答えたページが上位に表示されるようになりました。

例えば「ブーツ 手入れ」で検索するひとの多くは、自分が持っているブーツの手入れがしたくて検索をしています。

つまりユーザーは、ブーツを手入れする方法が見たいのではなく、ブーツの手入れには何が必要で、どのように行えばよいか調べて実行したいと考えています。

このユーザーニーズを満たすためには、以下のコンテンツが必要になります。

  • ブーツを手入れする方法
  • 必要な道具
  • 道具の購入先(ECへのリンクが理想)

この3つの要素を全て含むページを観覧する事で、ユーザーはブーツの手入れに必要な知識が得られます。

ページ観覧後に、何か新しい疑問が浮かび、検索する事もありません。
(ブーツはシーズンの終わりに手入れする事が多いため、保管方法もあわせて説明するとベストですが)

このようなユーザーの検索意図を満たすコンテンツを、Googleは良質なサイトとして高く評価します。

そして、今回紹介した類義語をタイトルに含めるテクニックを実践する事で、ユーザーニーズをとらえたタイトルテキストが作成できます。

まず初めに、対義語を入れたタイトルがGoogleに評価されている事例を紹介します。

以下は、「金投資」で検索した結果です。

金投資の検索結果に類義語を入れたタイトルが表示されている画像

月間検索ボリューム「4,400」あるキーワードで、1位と5位に対義語をタイトルに含めたページが表示されています。
Googleは「メリット・デメリット」を含んだコンテンツがユーザーニーズがあるものと判断して、検索結果に対義語を含んだページを2つ表示しています。

このタイトルがGoogleから高く評価されている要因は、以下の3つがあると考えられます。

1.検索ニーズを捉えている
「金投資」のサジェスト(オートコンプリート)に、「金投資 デメリット」が表示されています。
サジェストには、他のユーザーが検索しているキーワードが表示されます。
つまり、金投資について検索する人の多くが「デメリット」についての情報に興味を持っているものと考えられます。
タイトルにサジェストキーワードを入れることでGoogleはユーザーニーズに応えたページと認識します。
2.検索行動に沿っている
多くのユーザーは金投資を始めるか意思決定を下すために、デメリットとメリットを把握したいと考えています。
つまり、「金投資 デメリット」のページを観覧した人は、次に「金投資 メリット」を検索をします。
そして、Googleは<多くのユーザーがデメリットを調べた後にメリット(対義語にあたるキーワード)を検索していることは、ユーザー行動のデータとして保持しています。
このデータを参照すると、メリットとデメリットを一度に確認できるページは、ユーザーの検索行動に沿った質の高いコンテンツと判断を下します。
3.良質なコンテンツとして扱われている
Googleは良質なコンテンツの条件として以下を掲げています。

この記事は物事の両面をとらえているか?

対義語を入れたタイトルはGoogleが推奨する「物事の両面をとらえたコンテンツ」であると判断されます。

以上のことから、タイトルに対義語を入れたページは、Googleに高く評価されていると思われます。

 

続いて、SEO効果のあるもうひとつの方法を紹介します。

タイトルの前半にキーワードを入れる

キーワードを先頭にしたタイトルが上位表示されている

キーワードをタイトルの前半に入れると、順位にプラスの影響を与えます。

以下は、SEOの分析ツールを手供するMOZの記事です。

タイトルタグの先頭近くにキーワードを設置すると、検索ランキングに大きな影響をあたえる見込みがみられる。
引用:Title Tag|Moz(英文)

MOZを含め、昔から多くのSEOアナリスト達が、タイトルの先頭にキーワードを入れると効果があると発表しています。

それでは、具体的な事例とSEOに効果がある理由について説明します。

まず、以下は「カードローン」の検索結果です。
「カードローン」の検索結果で、キーワードをタイトルの前半にいれたページが9サイト表示されている画像

タイトルの先頭にキーワードを配置たページが10サイト中9サイト表示されています。
この結果を見るだけでも効果があることは解ると思います。

このような検索結果になっている理由は、Googleがタイトルの前半にキーワードを配置するとでユーザーエクスペリエンス(検索体験:以降はUX)が向上すると判断しているためです。

Googleは品質の高いサイトに対してスコアを与えます。ユーザーエクスペリエンスの5原則で「ユーザー エクスペリエンスはサイトの品質を大きく左右する」にハッキリ記載してあります。

つまり、「UXを上げる」→「品質の高いサイト判断される」→「検索アルゴリズムで高いスコアが得られる」に繋がります。

以下は、タイトルテキストを前半に配置する事で得られる、2つのUXの向上効果です。

1.検索結果のUX向上
以下はGoogleマイリー氏のコメントです。

見出しや段落の始まりで、人々は最大で12-15文字しか見ていない。センテンス全体を見ておらず、6単語すらも見ていない。見ているのは2-3単語なのだ。
出典 SMX West 2016-2016年のSEOに必要なことをしよう|アイオイクスより

多くのユーザーはタイトルの全文を読んでいません。
検索キーワードはユーザーにとって重要性が高く、前半にキーワードが配置されたタイトルは高いUXスコアが得られます。

2.ウェブブラウザのUX向上
タイトルタグはブラウザのタブにも表示されます。ブラウザのタブはプレースホルダとして機能します。
タイトル前半に重要なキーワードを配置する事で、自分の見たいサイトを見失うことを防げます。ブラウザのタブにタイトルタグの前半が表示されている画像

キーワードをタイトルの前半に配置する事で、Googleが目指すSXO(検索体験の最適化)が向上します。
ウェブブラウザの使い勝手の向上も検索アルゴリズムに組み込まれているのです。

まとめ

Googleは検索意図やコンテキストを読み取り、ユーザー満足度の高いページを上位に表示します。

以下のタイトルを付けることで、Googleユーザー満足度の高いページとして高いスコアが得られます。

  • タイトルに対義語を入れる
  • タイトルの前半にキーワードを入れる

対義語を入れることで、ユーザーが知りたい情報を掲載した「良質なコンテンツ」の評価が得られやすくなります。

また、タイトルの前半にキーワードを入れることで、Googleからユーザーエクスペリエンスが高いサイトと評価が得られます。

もちろん、Googleからの評価が高いタイトルをつけただけでは順位はあがりません。
ユーザーが知人に教えたくなるような質の高いコンテンツがなしには上位表示はできません。

ユーザーの検索意図を理解して質の高いページを作成しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*