記事制作代行サービスの選び方|コンテンツの目的別まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SEOでオーソリティーを獲得している人物や、サービスが運用するオウンドメディアやセミナーで「Googleのアルゴリズムが進化して、ユーザーニーズを捉えていない低品質な記事の順位は上がらない」などと言われています。

個人的には半分賛成で、半分は反対です。

なぜならこの記事は、リード文以外はクラウド型の記事外注サービスで発注した文章を入れているだけだからです。

(この記事を見てる方がいる≒順位が獲得できているため、本件の成功を意味していると解釈しています)

記事の発注には以下の部分だけ指定をしました。

  • タイトルテキスト
  • 見出しテキスト

このように月間検索ボリュームが少ないキーワードであれば、ある程度のポイントさえ抑えておけば質が低いライターが書いた記事でも順位は獲得できます。

今回はShinobiライティングの見出し付き発注を利用して記事を作成しました。

<記事の依頼内容>

  • 文字単価:1円
  • 文字数:2,000文字
  • 見出し数:10
  • 1見出しの文字数:200文字
  • 見出しに挿入する文字:Googleサジェストから抜粋
  • ページ単価:2,000円

以下はクラウドで上がってきた文章をペーストしただけの文章です。(SEOのための文章なので読む必要はありませんw)

記事制作代行を選ぶポイントはコンテンツ作成の目的

ホームページはブログでお金を貸そうと思えば、コンテンツが充実していることが大事になります。

コンテンツが充実したサイトは、上位表示される確率が高くしかも多くの人が閲覧してくれるためアフィリエイトをするときなどはとても有利になります。

ただ、人によっては文章を書くことを得意としない人や忙しくて文章を書く暇がない人もいます。

このような場合代行サービスを利用することで必要としている記事を作りサイトを充実させることができるでしょう。

記事作成といっても様々な種類がありますが、目的に応じて文書を使い分けなければなりませんので、自分の目的に合った代行業者を選ぶことが大事なります。

また、どのようなサービスがあるかも注目しておきましょう。

料金や執筆するライターが異なる

執筆を依頼するときには、様々な問題点が出てくるものです。

自分自身が執筆を行うわけではないのでどのレベルの文章を作ることができるのかあるいはどれくらいの料金が必要なのか、さらには納品されるまでにどれぐらいの期間がかかるかといった点を不安に感じるかもしれません。

まず基本的には、文章のレベルはライターによっても異なりますが代行業者の方で最後にチェックを行いますので極端に低いものなどはないと考えてよいです。

料金に関しては、業者によって違いがありますが、おおむね1文字1円になっていることが多くなります。もちろんそれ以上に安いところもありますので、見つけてみましょう。

納品の期間は、早ければ即日中に遅い場合は1か月くらいかかることもあります。

ブログ記事の作成が目的の場合

ブログ記事の作成を行う場合には、ブログ記事の作成に強いライターに依頼する必要があるでしょう。

どのような文章がよいかといえば、その人の主観が出るような文章を書いてもらっても問題ないところです。

例えば、ある特定の食べ物に関する文書の場合には、その人の体験談などを入れてもよいかもしれません。

あるいは親しみやすい文章をつくる方法もありますが、結局はそのブログの持ち主がどのような方向性の記事を目指すかによって異なってくるところです。

もしそのような記事を作成してもらう場合には、記事のテイストをしっかりと伝えることが大事です。

選ぶ業者は、たいていどこでもブログの記事は依頼することができますので、業者選びに困ることはほぼありません。

SEO対策が目的の場合

記事を作成する場合にSEO対策が目的の場合が多くなりますが、例えばアフィリエイトブログや自社で発売している商品をインターネットで販売するECサイトなどです。

そのようなサイトは、とにかく多くの人に閲覧してもらいたくさんの商品を購入してもらうことが重要になります。

実際の店で例えるならば、大通りの奥の方に入ったところにあるお店よりも大通りに面してるお店の方が客入りはよく繁盛しているはずです。

ブログやホームページに関しても、同じように上位表示されていれば表通りに面した所にあるようなものでいかにSEO対策に優れている業者を選ぶかが大事になります。

キーワードを適度に使うことと文字数も重要になりますので、その2点を守ってくれる業者を選びましょう。

コンテンツマーケティングが目的の場合

コンテンツマーケティングを目的とする場合、上質な文章いかにたくさん作っていくかが重要になります。

これはたいていのホームページなどでも同じになりますが、一定レベルの質がありしかもたくさんの量があることによりコンテンツを充実させることができるでしょう。

例えば、会社のホームページなどはこれにあたります。

記事作成を行う場合、会社のホームページの場合には少し硬めの文章を業者に依頼するとよいでしょう。

あまり砕けていると、その会社自体の信頼が失墜しますので会社の目的に合った業者を選ぶことが大事です。

ただ、中にはフレンドリーなところもありますのでフレンドリーな会社を経営している場合には少し軟らかめの文章を作ってくれる業者がよいです。

アフィリエイトが目的の場合

アフィリエイトが目的の場合には、単に文章を羅列するだけでなくキーワードをしっかり盛り込みそれなりの長文を書くことが必要です。

文字の長さが絶対に大事なわけではありませんが、誘導する分なども含めると2000文字数ぐらいのボリュームは必要なところになります。

ジャンルによってもさまざまですのでそのサイトが取り扱おうとしているジャンルの記事を作ってくれる業者に依頼してみましょう。

ただ、たいていの場合はアフィリエイトに関する文章作成することができますのでどこの業者に頼んでもそれほど違いはありません。

誘導文まで作ってくれるかどうかは、業者によって異なるところです。誘導分を作ることになれば、その分料金が高くなるでしょう。

ホームページの文章作成が目的の場合

ホームページの文章を作成することが目的の場合は、一般的には文章作成代行業者が行ってくれます。

ただし、各ページの文章の作成自体はどこの業者でも行ってくれますがトップページの文章は作成することができない業者も少なくありません。このような場合には、専門の業者を探すしか方法はありません。

校正まで行ってくれるところもありので、情報検索する必要があります。トップページがなぜ普通の人では作れないかと言えば本人のあいさつなどが含まれる可能性があるからです。

例えばプロフィールなどを作る時も本人でなければ分からないことがたくさんあります。

どのようなものでもよいのであれば普通の代行会社で構いませんが、やはりこだわるところですのでしっかりとした会社選びが大事です。

ブログやホームページ作成から制作を外注したい場合

ライティングの代行以外にも、業者によっては幅広い範囲で仕事を引き受けてくれるところがあります。

例えばブログやホームページ を作成する場合にそもそも作成の仕方が分からない人もいるかもしれません。

もちろん中には作成の仕方はわかるけども、作成している時間がない人もいるでしょう。

サイトを作成する場合には、専門の業者に依頼する必要がありますがその分料金が高くなることを覚悟しておきましょう。

一般的にトップページを作るだけでも10万円ぐらいのお金がかかります。

もし、100ページぐらいのホームページやブログを作成しようと考えているならば、およそ50万円ほどのお金はかかると考えておいた方がよいです。

そのため、しっかりとお金を準備しておくことが重要になります。

求人情報のライティングが目的の場合

求人情報のライティングお願いする業者も少なくありません。

求人情報のライティングとは、会社の求人情報を細かく書いていく内容ですので普通のライティングとは若干趣が異なる部分があります。

絶対間違えてはいけないのは、勤務時間や給料などになるでしょう。この場合には、求人広告を見た人からのクレームが発生する可能性も否定できません。

求人情報のライティングを専門的に扱っている業者がありますので、そこに依頼してみることが必要です。

目的に応じてそれぞれの業者の違いを明確にしてもらうこともできますので、一度相談してみるのがよいかもしれません。

料金に関しては、ホームページを最初から作れる場合に比べると安くなりますが、時間がかかることも頭に入れておきましょう。

依頼方法はサービスによって異なる

実際に代行業者に依頼する場合ですが、以外方法はそのサービスの種類で大きく異なるところです。

業者によっては、インターネットだけで発注することができるところも少なくありませんが、内容がある程度複雑な場合は一度担当者と面会してサービス内容を聞くことも少なくありません。

ただし、面会できる距離に住んでいることが必要になりますので、多くの場合はインターネットや電話だけで済ませることになります。

どれぐらいの時間がかかるかも業者によって異なりますが、やはりしっかりとしたものを作ってもらうためには1か月以上の待ち時間が必要になります。

契約した後すぐに商品を納品してくれるところもありますが、長いところは1カ月待ちになるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*