記事作成代行サービスの依頼方法|発注のコツと相場価格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SEOでオーソリティーを獲得している人物や、サービスが運用するオウンドメディアやセミナーで「Googleのアルゴリズムが進化して、ユーザーニーズを捉えていない低品質な記事の順位は上がらない」などと言われています。

個人的には半分賛成で、半分は反対です。

なぜならこの記事は、リード文以外はクラウド型の記事外注サービスで発注した文章を入れているだけだからです。

(この記事を見てる方がいる≒順位が獲得できているため、本件の成功を意味していると解釈しています)

記事の発注には以下の部分だけ指定をしました。

  • タイトルテキスト
  • 見出しテキスト

このように月間検索ボリュームが少ないキーワードであれば、ある程度のポイントさえ抑えておけば質が低いライターが書いた記事でも順位は獲得できます。

今回はShinobiライティングの見出し付き発注を利用して記事を作成しました。

<記事の依頼内容>

  • 文字単価:1円
  • 文字数:2,000文字
  • 見出し数:10
  • 1見出しの文字数:200文字
  • 見出しに挿入する文字:Googleサジェストから抜粋
  • ページ単価:2,000円

以下はクラウドで上がってきた文章をペーストしただけの文章です。(SEOのための文章なので読む必要はありませんw)

記事作成代行サービスの種類

アフィリエイトのためにブログを構築する場合やホームページなどのサイトを構築する場合には、記事作成をする必要があります。

多くの人にサイトを見てもらうためには、それなりの量の記事が必要になりますが最低でも100記事ぐらいはあった方がよいとされています。

すべてを自分で書く方法もありますが、中にはアフィリエイトに興味があっても記事作成をすることが苦手な人も少なくないでしょう。

この場合には、記事作成サービスを利用して代行で作成してもらうことが必要になります。

種類としては、クラウドソーシング型のものが多くなっています。ですが、全くの他人に書いてもらいますのでその内容を明確にすることなどは非常に大事なことです。

4つの記事依頼方法

記事作成といっても、本当に自分が考えている通りのものを作成してくれるのか不安に感じる人も少なくないでしょう。

自分自身で記事を書き上げるのではなく他人に頼みますので、発注の方法が中途半端なれば中途半端な記事しか作成されない可能性があります。

何でもいいからとにかく記事を書いてほしいといった人はほとんどいませんので、方向性を明確にすることが重要になるでしょう。

ただ、方向性を明確にするといってもいったいどのような方向性にしたらいいのかわからないはずです。

そこで、記事作成を依頼する方法として四つのパターンがあることを頭に入れておきましょう。業者によっては、その4つのパターンの中から指定してくる場合もあります。

1.SEO用のキーワードを指定して依頼

記事作成を依頼する場合のパターンとしては、まず一つ目はキーワードを指定する方法があります。

キーワードとは、その記事の中で読む人に対して一番伝えたい単語のことです。

例えば、ダイエット食品を販売するアフィリエイトサイトを構築する予定ならば、「ダイエット食品」が一つのキーワードになります。

また商品をいくつか紹介する場合に、それぞれの商品をキーワードにしてもよいでしょう。SEOを考えるならば、必ずキーワードが必要になりますのでそれを明確に伝えることが大事です。

商品名などはカタカナで少しややこしいものもありますので、間違えて指定してしまうと上位表示がされない可能性があるため要注意です。

もちろん、自分で修正することもできますがその分の時間は非常にもったいないでしょう。

2.タイトルテキストを指定して依頼

文章の作成を依頼する場合の二つ目は、キーワードだけでなくタイトルを決めて以来する方法があります。

キーワードを指定することにより、どのような記事を作成したらよいのかある程度明確になりますが、中には斜め上の方向から書き上げる人もいますので依頼した人と書き手の間で齟齬が生じてしまう可能性が高いです。

書いてもらいたい内容をより明確にするためには、タイトルを指定した方がよいでしょう。

タイトルが明確であれば、書き手としてもどのような方向性で記事を書いたらよいのかピンときます。タイトルを書く場合には、32文字までが妥当とされています。

なぜ32文字なのかといえば、検索エンジンに表示される文字数が最大で32文字だからです。

3.タイトルと見出しを指定して依頼

3番目のパターンは、キーワードのタイトルだけではなく見出しを指定して依頼する方法もあります。

見出しとはどのようなものかといえば、大見出しと中見出しそして小見出しに分かれますが、それぞれ内容を指定することで記事の方向性がより明確になってきます。

結果的に、依頼者が意図した文章ができあがる可能性が高くなるでしょう。

ただ、キーワードとタイトルそして見出しまで指定するとなれば、依頼する側もかなり時間がかかってしまいます。

10記事程度ならばよいですが100記事以上依頼するとすればそれだけで相当な時間がかかると考えておきましょう。

もちろん時間がかかってもいいのでこだわりの記事を掲載したいならば、その方法も決して悪くありません。

4.企画から全て代行会社に依頼

たくさんの記事を代行会社に依頼する場合には、企画からすべて代行会社に任せるサービスもあります。

例えば、方向性だけ明確になっており具体的な中身に関して考えていない場合などはこれにあたります。

代行会社の方もプロですので、どのようなサイトを構築すればアクセスを増やすことができるかある程度明確になっているでしょう。

それ以外にも、サテライトサイトを作る場合にこの方法を利用することで、早く書き上げることができるようになるでしょう。

サテライトサイトの場合は、中身がしっかりしたものを作ることができれば理想的ですが、メインサイトに比べるとそこまで中身を重視しなくても問題ないといえます。

しかも、メインサイトよりも大量に記事を作りますのですべてを任せにした方がよい可能性が高いです。

外注記事の料金相場

外注記事を依頼する場合には、どれだけの執筆料金がかかるかを知っておく必要があるでしょう。

実際に依頼してみて契約をする前に想像以上の料金になってしまい契約がとん挫することも少なくありません。

それならば、あらかじめ料金を知っておいた方が気持ちの上でも楽になります。

実は、外注する場合の料金も業者によって若干異なるところがあります。ただ基本的には、一文字0.7円から1円ぐらいまでは相場になると考えてよいです。

それ以上安くする場合には、いい加減な内容の記事ができあがってしまう可能性があるため0.7円以上と考えておけば間違いありません。

ですが、例外的に大量に記事を発注することで単価を安くすることができる業者もあります。

SEO順位を上げる記事発注のコツ

アフィリエイトブログやホームページを作成する場合に必ず意識をしたいのがSEOになります。

SEO対策がいい加減だと、そもそも上位表示されないため売り上げが伸びない可能性が高いです。

そこで、どのようにしたら順位が上がるかが重要になりますがそのコツとしては記事発注の段階でどのような依頼の仕方をするかが大事になります。

やはり、しっかりとした内容のものを作りたければ、より細かいところまで指示を出すことが大事です。

細かい内容の指示を出せば意図した文章を書いてくれる可能性が高くなり、結果的に上位表示されやすくなります。

また、キーワードの選定も非常に重要で、いくらたくさんの記事を発注するといってもビックキーワードばかりを並べていては上位表示されにくいです。

クラウドで作成された記事の例文

アフィリエイトの記事作成をクラウドソーシングに依頼する場合には、どのような内容の文章になるかなかなか分かりにくいものです。

一番困るのは、依頼した側と書き手の間の意思疎通がうまくいかず全く依頼者が意図していないような文章ができあがることでしょう。

このような場合には、そもそも発注した意味がなくなりますので事前に何らかの対策を立てておくことが重要になります。

対策の一つとしては、例文を確認することでしょう。試しに一つ文章を書いてもらい、どのようなレベルの文章になっているかを確認することが大事になります。

逆に、自分の方で例文を一つ掲載してみてもよいかもしれません。

例文があれば、書き手はそれに従って文章作成することができますので適切な指示ができます。

ライター募集のコツと依頼方法

ライターを自分で募集する場合には、それなりのコツがありますがそもそもの目的を考えればコツも明確になっていきます。

アフィリエイトサイト作成する場合の一番の目的は、多くの人に商品やサービスを利用してもらうことです。

そのためには、わかりやすい文章と興味深い内容の二つが重要になるでしょう。

つまり、記事作成を依頼する方法としてはより専門的な知識を持った人に依頼するのが重要です。

例えば、健康食品の中でもダイエット食品を扱っているとすれば、世の中には必ずダイエット食品に詳しい人がいます。

少し調べて文章を書くようなレベルではなくプロレベルの知識を持っている人も存在しますので、そのような人を探して依頼するのがよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*