記事作成の外注化に使える外注マニュアル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SEOでオーソリティーを獲得している人物や、サービスが運用するオウンドメディアやセミナーで「Googleのアルゴリズムが進化して、ユーザーニーズを捉えていない低品質な記事の順位は上がらない」などと言われています。

個人的には半分賛成で、半分は反対です。

なぜならこの記事は、リード文以外はクラウド型の記事外注サービスで発注した文章を入れているだけだからです。

(この記事を見てる方がいる≒順位が獲得できているため、本件の成功を意味していると解釈しています)

記事の発注には以下の部分だけ指定をしました。

  • タイトルテキスト
  • 見出しテキスト

このように月間検索ボリュームが少ないキーワードであれば、ある程度のポイントさえ抑えておけば質が低いライターが書いた記事でも順位は獲得できます。

今回はShinobiライティングの見出し付き発注を利用して記事を作成しました。

<記事の依頼内容>

  • 文字単価:1円
  • 文字数:2,000文字
  • 見出し数:10
  • 1見出しの文字数:200文字
  • 見出しに挿入する文字:Googleサジェストから抜粋
  • ページ単価:2,000円

以下はクラウドで上がってきた文章をペーストしただけの文章です。(SEOのための文章なので読む必要はありませんw)

おすすめの記事作成の代行サービス

自社でたくさんの記事を書くのには人手が足りない場合、記事作成代行サービスを利用するのがおすすめです。

外注することで社内のリソースは別のことにませるようになるため、少ない人数でもたくさんの記事を扱えるようになります。
記事作成代行サービスにもさまざまなものがあり、費用や納期までの期間が異なります。

短納期でたくさん発注したい場合は、できるだけたくさんのライターが稼働しているサービスを利用したり、単価を上げることで注目を集める必要があります。
記事代行サービスの中で代表的なのが、ランサーズ、クラウドワークス、Shinobiライティングなどです。

ポイントサイトでタスク案件として募集しているサイトもありますが、サービス利用者によってクオリティには大きな違いが出てきます。

記事を外注するときに気を付けること

記事を外注するときに注意しなくてはならないのが、ネット上でたくさんの人に募集をかけて書いてもらうサイトでは、プロのライターが書いたようなクオリティは期待ができないという点です。

誤字や脱字、おかしな言い回しなどが含まれる可能性があるため、納品されたものは厳しくチェックをし、場合によっては手を加えていく必要があります。
社内のリソースはそうした納品物の管理に回す必要が出てきます。

中には事実と異なる内容が書かれている記事が納品される可能性もありますので、事実確認を取る作業も大切です。
公開した記事は誰が書いたか表示されるわけではありませんので、すべての責任はサイト運営者にあります。

依頼していた内容と異なるような記事が納品された場合は非承認にすることによって、代金の支払いは止めることができます。

記事を外注するときの費用相場について

プロジェクト案件として記事の募集をする場合は自分で費用を考えて募集の掲載をすることができます。
相場を知っていればプロジェクト案件で募集をしたほうが、質の高い記事を書いてもらうことができるでしょう。

料金が高くなればそれだけ多くの人が応募してきますので、その中から良さそうな人を選ぶことができます。
タスク案件として外注する場合は1文字1円程度で出し、実際にライターが受け取るのはその半分程度です。

残りの半分は記事代行サービスを運営している会社に入ります。
たくさんの記事を短期間に納品してもらいたい場合はタスク案件のほうが早く完了することが多いです。

大切なのはその値段で自分が仕事をしたいか考えることです。
時給換算したときに割に合わないと思うような値段では、記事の質も高くなりません。

記事外注のやり方とは?

プロジェクト案件の場合は何度かライターとやり取りをして、どのような記事を書いてもらいたいのか伝えることができます。
記事外注のルールが決まっているのであれば、このときに伝えるようにしましょう。

文字数、必要なキーワード、構成の仕方など、細かなルールがあればあるほど高いクオリティが期待できます。
募集をして希望通りの記事が上がってこないのは、実はこうしたルール作りがうまくできていないことが原因になることもあります。

ライターだけの責任ではなく、依頼する側の伝え方も工夫しなくてはなりません。
タスク案件では必要な文字数やキーワード、テーマ、タイトルなどを決めておくことで、あとはライターが自由に記事を作成してくれます。

タスク案件ではやり取りする方法がないので、単純な作業に向いています。

記事作成の依頼方法

プロジェクト形式で記事作成を依頼する場合は、テーマやタイトルなど、大まかな枠組みは発注する段階で決めておかなくてはなりません。
複数のライターに依頼を出すのであれば、文章の終わり方をですます調にする、口語形式にするなど、統一しておく必要があります。

ライティングをしてもらう前に参考になるサイトがあれば伝えておくのも良いでしょう。
ライターの中にはその記事の分野に精通していない人もいます。

記事を書く前にリサーチをすることもあるので、必要な情報は伝えるようにしましょう。
得意分野があるライターにはその分野の記事を書いてもらったほうがクオリティが高くなります。

様々なテーマがあるのであれば、他のライターと記事が被らないようにエクセルなどで管理する方法をとると良いでしょう。

おすすめの記事外注マニュアルをご紹介

高いクオリティの記事を書いてもらうのに重要なのがマニュアル管理です。
マニュアルがあることによって違うライターが書いた記事でも統一感が出てくるようになります。

特におすすめなのが、文章の終わり方の統一、使ってはいけない言い回し、必要なキーワード、段落構成などのルールを決めておくことです。
外注して上げってきた記事は社内で何度か目を通し、必要に応じてマニュアルにも追記をしていくようにしましょう。

この作業を繰り返すことによって完璧なマニュアルが出来上がり、誰に記事を書いてもらっても期待通りのものが上がってくるようになります。
ルールが決まっていないとライターは簡単に記事を書くことができるため作業スピードは上がりますが、チェックする側の工数が多くなります。

ランサーズで記事を外注するときの料金と納期

ランサーズにはプロのライターからフリーランスのデザイナー、学生、フリーター、主婦など様々な人が登録をしています。
登録者数も多いため、記事を外注してから納品されるまでのスピードも比較的早いでしょう。

募集をかける場合は納期を決めておき、必要な記事数を設定します。
料金設定は自由に決めることができますが、文字数のわりに単価が安いとなかなか人が集まらなかったり、文字数稼ぎをした記事が上がってくることがあります。
1文字あたり1円であれば高いクオリティが期待でき、希望する記事数が揃うまでの時間も短くなるでしょう。

専門的な分野の記事を募集する場合も単価は高くしておいたほうが良いです。
記事を書く前にリサーチをする必要もあるため、ライターは時給換算して十分な報酬になるかどうか計算してから着手するからです。

記事作成代行屋のサービス内容と評判

記事作成代行屋ではそのサービスを提供している会社の人がライティングをしているわけではなく、登録しているユーザーが余暇の合間などを使って記事を作成しています。
そのため発注するタイミングや設定した単価、用意しているマニュアル次第で、記事の内容も大きく異なってきます。

高いクオリティで確実に納期を守りたいのであれば、プロのライターと直接契約をするのが望ましいでしょう。
記事作成代行サービスによって登録している人の年齢層や質が異なるため、評判も違います。

本人確認が取れているようなサービスではプロではないライターが記事を書いても、ある程度希望通りのものが上がってくることが多くなります。
タスク案件でも高い質の記事を書くライターを見つけたら、直接スカウトしてプロジェクトとして契約することもできます。

SEO用の記事作成ならShinobiライティングがおすすめ

SEO対策とはキーワード検索をした時、検索サイトの上位に表示させるための対策です。
この対策をした記事作成を希望するのであればShinobiライティングが良いでしょう。

記事のヒット率が高くなればその分サイト訪問者数も伸びます。

Shinobiライティングには高精度の誤字脱字チェックツールが用意されており、同じ言い回しで終わる文章の数や句読点の数、使われている漢字の数など様々な項目を自動で評価し、問題がある場合は再度書き直しをするタイミングを与えてくれます。

このツールがあることで一般ユーザーが書いた記事でもおかしな文章が出来上がる可能性が低くなり、質を高めてくれます。
このツールはShinobiライティングの特徴とも言え、SEO対策には必要なシステムです。

ブログの記事作成も外注で依頼可能

最近ではブロガーの人が自身のサイトの記事作成依頼をするケースも増えてきています。

中には1人でたくさんのブログを管理している人もいますが、ブログは定期的に記事を書いて更新していくことが求められるため、1人だけでは手に負えなくなってしまうことがあるからです。
多少の費用が掛かってもサイト訪問者数があれば、アフィリエイトなどで収入を確保することができます。

定期的な発注や大量発注をする前に、まず利用する記事作成代行サービスの質を見てみるようにしましょう。
質の低い記事をたくさん納品されても困りますので、任せてもよさそうな人がいたらプロジェクトとして定期的に書いてもらうようにし、最初のうちからすべて丸投げにするのは避けたほうが無難です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*