記事作成のコツとは?初心者ライター向け文章の書き方指南

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SEOでオーソリティーを獲得している人物や、サービスが運用するオウンドメディアやセミナーで「Googleのアルゴリズムが進化して、ユーザーニーズを捉えていない低品質な記事の順位は上がらない」などと言われています。

個人的には半分賛成で、半分は反対です。

なぜならこの記事は、リード文以外はクラウド型の記事外注サービスで発注した文章を入れているだけだからです。

(この記事を見てる方がいる≒順位が獲得できているため、本件の成功を意味していると解釈しています)

記事の発注には以下の部分だけ指定をしました。

  • タイトルテキスト
  • 見出しテキスト

このように月間検索ボリュームが少ないキーワードであれば、ある程度のポイントさえ抑えておけば質が低いライターが書いた記事でも順位は獲得できます。

今回はShinobiライティングの見出し付き発注を利用して記事を作成しました。

<記事の依頼内容>

  • 文字単価:1円
  • 文字数:2,000文字
  • 見出し数:10
  • 1見出しの文字数:200文字
  • 見出しに挿入する文字:Googleサジェストから抜粋
  • ページ単価:2,000円

以下はクラウドで上がってきた文章をペーストしただけの文章です。(SEOのための文章なので読む必要はありませんw)

上手な文章の書き方とは?

初心者ライターが文章を書く上で、押さえておきたいポイントはいくつか挙げられます。

読み手がどれだけ面白い、興味深いと感じることができるのか、単調な文章はまず嫌われます。

ポイントを損ねてしまえば、それこそ記事の途中でも読むのをやめてしまう人が多くなるので、その時点でライターとしての仕事は十分にできていません。

記事をかつコツはそれぞれで異なってくることになりますが、ライター初心者であればまず、そのポイントを押さえていく必要があります。

まずはどの書き方で書けば、読み手の興味を集めることができるのか、そこをチェックしていくことからはじめていきましょう。

ポイントさえチェックしておけば、たとえ初心者であっても簡単に記事を作成していくことが可能です。

Webライターが迷いやすいタイトルの付け方

Webライターが迷いやすい要素にタイトルの付け方があります。

タイトルはその記事の面白さを主張する一つの要素となってきます。つまり、文章タイトルで読み手をひきつけなければ、文章自体を読んでもらうこともできないという事です。

もちろん、タイトルがうまく作成できていたとしても、文章の内容が薄っぺらいものであれば意味がありません。

ただ、逆にどれだけ記事の内容が良くできていてもタイトルがつまらないものであればそれこそ本末転倒です。

ポイントとして、読み手がほしい情報が文章に書かれていると、一目でわかるものをタイトルにおくのがベストです。

「~の秘訣」や「~の対処方法」などわかりやすさをアピールするといいでしょう。

文章を早く書くためのコツ

初心者ライターであれば、文章を書くこと自体に慣れないため、その分手間と時間をかけてしまう可能性があります。

もちろん、一つ一つの文章を慎重に書いていくことも大切ですが、だからと言って必要以上に時間がかかりすぎてしまえば思うように作業が進みません。

そこで文章を早く書くためにはどういったコツがいるのか、その具体的な方法として日ごろからより多くの文章に目を通すこと、文章を多く作ることが挙げられます。

文章を作る力は日々の努力によって積み上げられていきます。最初のうちは慣れない作業で時間がかかるかもしれませんが、毎日こうした努力を続けていれば自然と文章の作成時間は短縮されていくという事です。

ライター初心者であれば猶の事、こうしたポイントは押さえておくといいでしょう。

クラウドソーシングのライティングのコツ

最近ではクラウドソーシングサービスによって手軽にライティングの仕事ができるようになっています。

こうしたサービス内で文章を書いていくコツにはどういったものがあるのでしょうか?

まず挙げられるのが、初心者であっても一つ一つの記事を丁寧に書いていくという事です。

多少慣れてくればスピードもアップしていくことになりますが、だからと言って自分が書いた文章を何の確認もせずに投稿するのは危険です。

一か所でも誤字脱字があればそれで一つの記事が無駄になってしまいますし、それまでの手間、時間がただただもったいないことになります。

クラウドソーシングサービスを利用する場合には、できるだけ多くの数をこなすことが大切になっていきます。

そのためにはまず、正確な文章を早く書けるように基礎となる力を身に着けていくことです。

まとめ記事の書き方のポイント

まとめ記事の書き方にはどのようなポイントがあるのでしょうか?

まとめ記事はその名の通り、何かしらのジャンル、もの事に関して複数の情報をまとめた記事のことを指しています。

情報量が多ければいいというわけではなく、より多くの情報がわかりやすくまとめられていることが大切です。情報をただ並べるのではなく、要所要所で読み手の興味を引くように文章を作っていきます。

まとめ記事の内容についてはそれぞれのケースで多少の違いが出てきますが、項目は極端に多すぎたり少なすぎたりしないように、小見出しは一目でその記事の内容がわかるものを書くように、注意していきましょう。

たったこれだけのことを押さえておくだけでも、一目を引くまとめ記事を書くことができます。

メールライティングの書き方のポイント

メールライティングの記事の書き方について、ポイントとして押さえておきたいのが、煽りすぎないように情報を伝えるという点です。

メールライティングの場合、読者の興味を引くために強い表現が多くなってしまう傾向にあります。

もちろん、それで読み手の興味を引けるのであれば悪い話ではないのですが、それが続けば読み手にも飽きが出てきてしまいます。

初心者ライターであれば特にその傾向が強くなっていくため、初めのうちは煽りが強くなりすぎないように文末表現などに注意していきましょう。

そして、ライティングの内容に飽きが出ないように、毎回新鮮なネタを盛り込むようにすれば、自然と読者の数も多くなっていきライターとしての仕事も安定していきます。

アフィリエイト記事の書き方のポイント

アフィリエイト記事の書き方として押さえておきたいポイントは中心となるキーワードについてです。

検索数の多い、集客率の高いキーワードをテーマに据え置くことである程度の読み手数を稼ぐことができます。

中心となるキーワードから派生する形で小見出しを作っていけば、さらに深みのある記事を書くことができますし、その分読み手の興味を引くことも可能です。

アフィリエイト記事の場合、そのページから購買を促すようにしなければいけないため、その分読み手が購入したくなるような文言をプラスしていくのがポイントとなっていきます。

購入者の数が多くなればなるほどライター自身は得をすることになるため初心者であればこうしたポイントをしっかり押さえておきましょう。

クラウドワークスでの記事の書き方のポイント

クラウドワークスで記事を書く場合、初心者であればできるだけ簡単な記事作成の仕事から始めていくのがおすすめです。

クラウドワークスではこれまでの経験やスキルが必要とされていきます。

ある程度経験がある人であれば、プロ向けの仕事でも問題はありませんが、初心者であればキーワードに関する記事作成、タスク作業などがベストというわけです。

このクラウドワークスで記事を書くポイント、それは先に挙げた文章の書き方と一緒で、できるだけ読み手の興味を引く内容を盛り込むという点です。

簡単な情報ばかりを盛り込んだものではなく、読み手が続けて読みたいと思わせるものを書くことです。

クラウドワークスの場合、記事を書いたからといって必ずしもコンペで残れるというわけではないので、この点はしっかり押さえておきましょう。

おすすめの記事作成系クラウドソーシングを紹介

クラウドソーシングサービスの中でもおすすめにとなってくるサイトはいくつか挙げられます。

中でも記事作成の案件が多いことで定評があるサイトであれば、そのほとんどが無料で登録を済ませることができます。

いくつかのサイトに登録を済ませて、並行して記事作成の案件をこなしていくという方法であれば、より効率的に収入を増やしていくことが可能です。まずはサイトに登録していくことからはじめていきましょう。

登録作業自体は、メールアドレスや氏名など基本的な情報を入力するだけで済ませることができます。

プロフィールをより詳しく登録することでプラスアルファのサービスを受けることができるサイトもあるので記事作成系のクラウドソーシングサービスを探す際には参考にしていくといいでしょう。

記事作成の初心者におすすめのブログ

記事作成初心者であれば、ブログという選択がよりおすすめになっていきます。

ブログは簡単な登録作業で初心者でも気軽に作ることができます。毎日定期的に記事を更新するだけで文章を書く力を養っていくことができますし、内容を工夫すればそれだけ読み手の数を稼いでいくことができます。

もちろん、内容をより面白いものにしないと読み手の数を増やすことができませんが、それは本人の努力次第でどうとでもなります。

まずはブログサイトに登録を済ませていくことからはじめていくといいでしょう。

ある程度読者数が多くなれば、そこからアフィリエイトへと方向性をシフトしていくことも十分に可能になっていきます。これから記事作成を本格的に始めていきたいという人こそおすすめの方法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*