無料の記事作成ツール|おすすめのキーワード自動生成・アプリ・リライトツール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SEOでオーソリティーを獲得している人物や、サービスが運用するオウンドメディアやセミナーで「Googleのアルゴリズムが進化して、ユーザーニーズを捉えていない低品質な記事の順位は上がらない」などと言われています。

個人的には半分賛成で、半分は反対です。

なぜならこの記事は、リード文以外はクラウド型の記事外注サービスで発注した文章を入れているだけだからです。

(この記事を見てる方がいる≒順位が獲得できているため、本件の成功を意味していると解釈しています)

記事の発注には以下の部分だけ指定をしました。

  • タイトルテキスト
  • 見出しテキスト

このように月間検索ボリュームが少ないキーワードであれば、ある程度のポイントさえ抑えておけば質が低いライターが書いた記事でも順位は獲得できます。

今回はShinobiライティングの見出し付き発注を利用して記事を作成しました。

<記事の依頼内容>

  • 文字単価:1円
  • 文字数:2,000文字
  • 見出し数:10
  • 1見出しの文字数:200文字
  • 見出しに挿入する文字:Googleサジェストから抜粋
  • ページ単価:2,000円

以下はクラウドで上がってきた文章をペーストしただけの文章です。(SEOのための文章なので読む必要はありませんw)

記事作成ツールとは

記事を作成する際には少なからず手間と時間がかかります。

ライターの人が一からキーワードについて情報を集めてそれを文章にしていく、ライター初心者であれば、一つの記事を書くのにもかなりの時間がかかります。

そこでおすすめになってくるのが記事作成ツールです。記事作成ツールを用いれば、ネット上に既存しているブログなどのページから情報を読み取り、リライトするという形で全く違う記事を作り上げていくことができます。

元々の記事とは違う文体、文章に変えられるので著作権等々に引っかかることもありません。

記事作成に関する時間と手間を大幅に軽減できるという点では、アフィリエイト記事を作成する際にうってつけのツールとなっていくわけです。

自動で文章を作成するツールのアルゴリズム

文章作成ツールの中には、ゼロから自動で文章を作ることができるコンテンツも存在しています。

このツールがオリジナルの執筆者を想定して、まったく何もない状態から記事を作成するというアルゴリズムとなっています。

本来、記事作成にはそれ相応の手間と時間が必要になっていきますが、こうしたツールを利用すればその負担を最小限に抑えることができます。

また、ネット上に上がっている記事をリライトするというわけではないので、完全オリジナルの文章をたくさん作り上げていくことができるという事です。

ライター初心者はもちろんですが、多くの記事を一度に扱うアフィリエイトなどの分野では、こうしたツールが欠かせない存在になっていきます。

ワードプレスの記事作成ツール「PSW」

ワードプレスの記事作成ツール「PSW」の特徴は何といっても、他の記事とかぶることがないという点です。記事作成をしていて最も注意していきたいのが、ネット上に公開された他の文章です。

あまりに似通った点が多くなると、それが原因でアフィリエイト自体が難しくなることもあります。

そのため、よりオリジナルに近い文章を作ることができる、このPSWの機能こそが重要になってくるわけです。

もちろん、一つ一つの記事を自分が考えて書いていけばいいのですが、より多くの文章を扱うアフィリエイトであればそれが難しくなっていきます。

PSWは多少値は張りますが、その記事作成の手間と時間を確実に軽減していくことができるというわけです。

文章が自動作成できるアプリ「CamScanner」

文章が自動作成できるアプリに「Camscanner」が挙げられます。

このアプリは文章を自動で作成するというよりも、画像からその文章を保存することができるという点が特徴です。

データ形式で保存された文章でなかったとしても、その画像をスマートフォンなどで撮影すればデータ形式に変換することができます。

画像データから文章データを取り出し生成することができる、これが魅力となっているわけです。

もちろん、このアプリを利用する場合には画像として用いる媒体が必要になってくるわけですが、元々何かしらの文章が手元にあるという場合にはうってつけのツールです。

無料版のものであれば気軽に利用することもできるので、まずはここから試してみるのもおすすめです。

人工知能による記事自動生成ツール「Articoolo」

人工知能による記事自動生成ツールであれば「Articcolo 」がおすすめです。

Articooloの魅力点は、キーワードを入力するだけでその内容に応じた記事が作成できるという点です。

最近では日本語版も世間で認知されており、その手軽さから、ライター初心者にもおすすめです。

何より多くの記事をさばくことになるアフィリエイト関連の案件にはベストになっていきます。

料金は通常、1回りようするごとに1ドルが必要ですが、記事作成にかかる時間と手間を考えると決して悪い話ではありません。

むしろ、余計な時間や手間をかけることなく、同時に外注先に依頼するよりも安く記事が出来上がるというのであればよっぽど賢い選択だといえます。

ブログ記事自動作成ツール

ブログ記事再生自動ツールというものもあります。

ブログ記事は毎日こまめに更新していく必要がありますが、そこで必要になる記事を自動作成できるツールがあるとすれば、それがライターにとって大きなメリットとなります。

特に、複数のブログを管理している人の場合、その更新作業だけでも負担が多くなっていきます。

その負担を少しでも軽減するためにも、まずはこうしたブログ記事作成ツールを活用していくことからはじめていきましょう。

ツールの種類によってはスパム対策が徹底されているものもあります。

こうした記事作成ツールを活用すればブログの読者減少を防ぐことができますし、ライター自身の信用も勝ち取っていくことが可能になっていきます。

音声テキスト変換ツール

音声テキスト変換ツールを使って記事作成を行うという方法もこの場合はおすすめになっていきます。

パソコンで入力する手間が惜しいといういのであれば、あえてこうしたツールを活用するのがベストです。

それこそ時間短縮につながりますし、機能が充実したツールを用いればアフィリエイト作業もスムーズに進んでいきます。

音声テキストを文字に起こすために自らの腕を酷使するという人も中にはいるでしょうが、多少お金を出したとしても自分の負担を軽減できるというのであれば決して悪い話ではありません。

むしろ過度のタイピングで腱鞘炎を起こしてしまってはそれこそ本末転倒というものです。

まずは音声テキスト変換ツールの活用について、その他の方法と合わせて検討してみるといいでしょう。

小説作成アプリ

記事作成ツールばかりが注目を集めていますが、実はアプリの中に小説作成機能が付いたものもあります。

小説はただの文章というよりもより高度な機能が必要になっていきます。ツールの中には複数の作品を一気に保存できるタイプのものもあるため、小説を書くことが好きという人にはうってつけです。

記事ごとに公開の制限を設けることができますし、それぞれの作品にパスワードをかけることも可能です。

自分の作った小説がネット上で公開できる、記事作成と同様に自身の文章力を身に着けていくためには欠かせないステップでもあります。こうしたサービスが完全無料でりようすることができるというのであれば、まずは利用してみるに越したことはないということです。

文章作成が自動でできるフリーソフト

文章作成が自動でできるフリーソフトが存在しています。フリーソフトであれば作成できる文章の内容も限られているのでは?と思われている人もいるでしょうが一概にそうとは言い切れません。

というのも、こうしたフリーソフトの中には比較的質が優れている、機能が充実した文章作成ツールも存在しています。

もちろん、有料版に比べると多少見劣りする部分もありますが、手っ取り早く文章を作り上げていきたいという人であればこうしたフリーソフトを用いるのもおすすめです。

何より初期費用が全く掛からないという点では、有料のソフト、ツールを購入するよりもメリットの多い方法となっていきます。

無料版という点を十分に踏まえた上で、状況に応じて使い分けていくといいでしょう。

文章のリライト無料ツール

文章のリライト無料ツールを用いれば、ネット上に公開された文章をうまく作り変えていくことができます。

同じような内容の記事でも、文体や文末表現を変えることでスパム対策が可能になっていきます。

本来であれば、人間が作業をするのが確実なのですが、もっと時間や手間を軽減していきたいというのであれば無料ツールを活用していきましょう。無料なので初期費用は掛かりませんし、手間も時間もかかりません。

無料であれば多少不自然な部分も出てくるかもしれませんが、こればかりは致し方ない事、必要に応じて活用していくのがおすすめです。

最終判断は人間の目で見て行うものの、あとの作業はできるだけこうしたツールを用いる、こうした使い方も時には有効です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*