激安の記事作成代行サービス7選|500円でライティングを格安発注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SEOでオーソリティーを獲得している人物や、サービスが運用するオウンドメディアやセミナーで「Googleのアルゴリズムが進化して、ユーザーニーズを捉えていない低品質な記事の順位は上がらない」などと言われています。

個人的には半分賛成で、半分は反対です。

なぜならこの記事は、リード文以外はクラウド型の記事外注サービスで発注した文章を入れているだけだからです。

(この記事を見てる方がいる≒順位が獲得できているため、本件の成功を意味していると解釈しています)

記事の発注には以下の部分だけ指定をしました。

  • タイトルテキスト
  • 見出しテキスト

このように月間検索ボリュームが少ないキーワードであれば、ある程度のポイントさえ抑えておけば質が低いライターが書いた記事でも順位は獲得できます。

今回はShinobiライティングの見出し付き発注を利用して記事を作成しました。

<記事の依頼内容>

  • 文字単価:1円
  • 文字数:2,000文字
  • 見出し数:10
  • 1見出しの文字数:200文字
  • 見出しに挿入する文字:Googleサジェストから抜粋
  • ページ単価:2,000円

以下はクラウドで上がってきた文章をペーストしただけの文章です。(SEOのための文章なので読む必要はありませんw)

激安記事を作成するライター

激安記事と言われる金額の相場は、文字単価が0.3円ほどが最近の傾向です。

プロのライターに依頼すると文字単価が2円以上など途端に跳ね上がりますが、その分良質な記事を作成してもらうことができます。

そのような中でも激安で記事を作成してくれるライターも存在しますが、駆け出しの場合もあれば、ある程度経験を持っているライターの場合もあり、その違いは文章に顕著に表れます。

文章のうまい下手は、ライター経験の多さだけでなく、人生経験の多さから滲み出てくるものの影響のほうが大きいと言われますので、激安記事を書いてくれるからと言って必ずしも質の悪い記事ばかりではありません。

安くても良質な記事に巡り合えることもあります。

激安記事はアフィリエイトサイトにおすすめ

アフィリエイトサイトを作成運営する場合、キーワード検索の上位に記事を上げるようにするため一番大切なものは、やはり記事の品質です。

しかしプロライターに依頼してばかりでは、収益よりも経費のほうが高くなり、いつまで経っても赤字が続くことになりかねません。

良質な激安記事とは、ライターの実際の経験に基づいた文章で、あまり気負わずにつづられた記事などがそれに当たります。

ライター自身の経験した内容であれば、他の人の記事とかぶることも避けることができますし、記事を書くために多大な知識や努力もそれほど必要としないため、ライターにとっても安く受注しやすい案件となります。

アフィリエイトサイトにはこのような激安記事がおすすめです。

ブログにも激安記事はおすすめ

アフィリエイトサイトと同様に、ブログでも体験記事は非常に有効です。

体験記であれば激安で依頼しても受注してくれるライターが多く、気軽にできるというブログイメージにより代行を依頼募集しても、受注してくれるライターは少なくありません。

キーワード検索をしてブログにたどり着いた人が知りたいのは、実際の経験や感想です。

プロライターが練りに練った文章ではなく、実際に感じた経験やメリット・デメリットなどを知りたいはず。

そして情報量の多さも必要ですので、たくさん記事を集めるためには、予算的にも激安記事で良質なものを採用することをおすすめします。

ブログテーマに沿った経験談を募集することで、欲しい記事を書いてくれそうなライターを見つけることも可能です。

記事作成代行ドットコムの料金とサービス内容

記事作成代行ドットコム

記事作成代行ドットコムは、ブログ・アフィリエイトサイト用の記事を始め、セールスレターやメールマガジンまで手掛けるサービスを行っている、記事作成代行サイトです。

所属しているのは主に女性ライターで、料金が高いものでは個人のブログ代筆が文字単価10円からとなっていますが、特に高品質なSEO対策用のコラム作成サービスがよく知られているようです。

とにかくクライアント側の希望を重視した品質維持をモットーとしていますので、具体的に内容を指定することもでき、500円の予算でも300文字くらいの良質な記事を依頼することが可能です。

この文字数であれば、アフィリエイトサイト用の記事で、数多く発注できるのではないでしょうか。

Shinobiライティングの料金とサービス内容

Shinobiライティングの記事作成代行サービス

Shinobiライティングは、料金の面でおおよそ文字単価が0.25円ほどと決まっている記事作成代行サービスサイトです。

記事の文字数は100字ほどと少ないものから7000字などの多めのものまで依頼が可能で、ジャンルも医療から金融・旅行など幅広く依頼することができます。依頼したい記事のジャンルを決め、募集をかけるという方法です。

初心者ライターでも気軽に始めることができるサイトということで、品質は良いものだけに当たるとは言えませんが、最近ではライターの記事投稿前における文章チェックツール使用必須というスタイルが加えられたことにより、品質が格段に向上しているようです。

500円の予算では、1500文字前後の記事作成依頼が可能となります。

クラウドワークスの料金とサービス内容

記事作成代行サービス「クラウドワークス」

クラウドワークスは、記事作成依頼の他、システムやアプリ開発、htmlコーディングによるサイト制作など、サービスカテゴリーはとても広く、また、利用する人数もとても多いクラウドソーシングサイトとなっています。

ライティング依頼での料金は、文字単価0.3円~となっていて、文字数も短いものから多いものまでさまざまなジャンルでお願いすることができるのが特徴です。

クライアントもクラウドワーカーも登録制ですので、お互いの実績を見て信頼度や品質を自己判断し、契約という形に繋げていくスタイル。

500円でブログ案件依頼となれば、すぐにでも受注が集まる可能性が高いサイトだと言えます。

激安で良いライターに出会えるかもしれません。

アフィリエイト秘書.comの料金とサービス内容

記事作成代行サービス「アフィリエイト秘書.com」

他のクラウドソーシングサイトとは違い、文字単価1円というサービス料金設定が決まっているのが、アフィリエイト秘書です。記事作成だけでなく校正代行サービスも展開していて、毎月の依頼記事件数は平均しておおよそ8000記事となっています。

はっきりとした料金設定は、クライアントとライター両方にとって分かりやすく、さまざまなトラブル発生に繋がることが少ないのがメリットと言えるでしょう。

となると、500円の予算では500文字の記事作成依頼が可能となりますので、ブログ用記事依頼にぴったりかもしれません。

また、基本は指示されたキーワードを元に記事作成となりますが、指示を多く出したい場合には文字単価を上げて以来することも可能なようです。

ランサーズの料金とサービス内容

記事作成代行サービス「ランサーズ」

国内最大のクラウドソーシングサイトのランサーズでは、記事作成における料金相場が文字単価0.2円からとなっていて、高品質な記事を求めれば求めるほど文字単価はどんどん上がっていくというスタイルになっています。

サービスとしてはライターが記事を打ち込むだけの「タスク方式」と、クライアントとのやり取りが必要な「プロジェクト方式」などいくつかが用意されていますので、激安記事を依頼する場合にはタスク方式で募集をかけるのがベターです。

そこで自分の求めるジャンルの経験談を書いてくれそうなライターを見つけ、直接記事作成依頼の相談メッセージを送るという手もあります。

実績を積むと信頼度が増すため、実績を増やしたいライターが多く、激安料金でも請け負ってくれることが多いようです。

サグーワークスの料金とサービス内容

記事作成代行サービス「サグーワークス」

サグーワークスは、記事作成サービスをメインとしたクラウドソーシングサイトです。

料金は文字単価0.3円~1円ほどとなっていて、ライターのランク付けにより、記事の品質と料金が変わってきます。

ランサーズのようにクライアントと直接交渉したり、内容をすり合わせるといったやり取りが発生しないため、ライターにとっては気軽に案件を受けられる状況が整っていると言えます。

500円では500文字と考えれば、経験談が重宝されるアフィリエイト記事を激安で大量に依頼することは可能でしょう。

品質を重視する場合には、1文字1円で記事を作成してくれるプラチナライターにお願いする選択肢もあります。

料金がおおよそ決まっているので、継続しての依頼はしやすいサイトのようです。

コンテンツウォーカーの料金とサービス内容

記事作成代行サービス「コンテンツウォーカー」

コンテンツウォーカーの特徴は、記事作成コースが料金で分けられている点です。

一番格安のサービスでは文字単価0.8円からとなっていますが、教育中の駆け出しライターが受注することになります。

これ以上のコースでは文字単価が1.0円~2.0円までとなり、ライター指名が出来ますので、1.0円ではお安くかつ品質の高い記事をゲットすることができるようです。

ちなみに2.0円の場合には選抜ライターの執筆となり、高品質な記事となります。

文字数は100~2000文字、文字単価を上げれば無制限に書いてもらうことも可能。

また、記事タイトル・構成作成を100円でやってくれるサービスもありますので、時間がないけれどもアフィリエイトサイトを作りたいという人におすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*