ライター別の記事作成の料金・費用を比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SEOでオーソリティーを獲得している人物や、サービスが運用するオウンドメディアやセミナーで「Googleのアルゴリズムが進化して、ユーザーニーズを捉えていない低品質な記事の順位は上がらない」などと言われています。

個人的には半分賛成で、半分は反対です。

なぜならこの記事は、リード文以外はクラウド型の記事外注サービスで発注した文章を入れているだけだからです。

(この記事を見てる方がいる≒順位が獲得できているため、本件の成功を意味していると解釈しています)

記事の発注には以下の部分だけ指定をしました。

  • タイトルテキスト
  • 見出しテキスト

このように月間検索ボリュームが少ないキーワードであれば、ある程度のポイントさえ抑えておけば質が低いライターが書いた記事でも順位は獲得できます。

今回はShinobiライティングの見出し付き発注を利用して記事を作成しました。

<記事の依頼内容>

  • 文字単価:1円
  • 文字数:2,000文字
  • 見出し数:10
  • 1見出しの文字数:200文字
  • 見出しに挿入する文字:Googleサジェストから抜粋
  • ページ単価:2,000円

以下はクラウドで上がってきた文章をペーストしただけの文章です。(SEOのための文章なので読む必要はありませんw)

記事作成の料金は依頼内容とライターによって異なる

webページの更新頻度を上げたい場合や幅広い記事を取り扱いたいとき、専門的な知識が必要な記事をアップしたいときなどに便利な記事作成は、最近外注する人が多くなってきています。
一人で作業をするのが大変な量でも依頼することで時間を節約することができるので、他の仕事に時間をあてることができたり、ダブルワークでも楽にwebページ作成をすることができるところがメリットです。

記事作成の料金は依頼内容とライターによって異なるので目的に合わせた発注をすることで費用の削減やコストパフォーマンスのアップにつながります。
多くの人に見てもらうことができる魅力的なページ作成をしたいなら、記事の使用目的や性質によって発注先を選ぶことが大切です。

アフィリエイト用の記事を作成したいならクラウドライターがおすすめ

アフィリエイト用の記事作成は、時間がかかることが多く、最近は記事を外注する人がとても多くなっています。
時間がない人や記事を書くことが苦手な人はもちろんですが、効率を上げるためや自分の時間に余裕を持ちたい人にも人気です。

クラウドソーシングを利用するとインターネットを使って大勢のライターが書いた記事を手に入れることができるので、幅広い分野の記事を手に入れることができるところが魅力です。

サイト作成に時間を使って、企画した内容やタイトルの記事をライターに書いてもらうことができるので、素早くサイトを作ることができます。
クラウドソーシングを活用することで更新頻度を上げたり、内容を充実させたりすることができるというメリットがあります。

クラウドソーシングでのライティングの費用相場は1円

クラウドソーシングでのライティングを依頼する場合には、クラウドソーシングサービスを行っている会社がブロガーを集めて、記事作成をしてくれるのでとても簡単です。

自分ではキーワードやタイトルなどを指定するだけで、記事をスピーディに納品してもらうことができます。

クラウドソーシングでのライティングを依頼する場合の費用相場は1円程度が主流になっています。

100文字で100円、500文字で500円程度になり、比較的リーズナブルな料金でたくさんの記事を集めることができることがメリットです。
ライターの数が多いので納期も短いことが多く、一人で記事を作成するよりも大変スピーディで発注も簡単なので人気があるサービスです。

文字単価で料金が決まることが多い

リーズナブルな費用で多くのライターに記事を作成してもらうことができるクラウドソーシングへの発注は、文字単価で料金が決まることが多く、発注先によって料金が異なります。

文章の内容を指定することができるので、テーマに沿った記事をたくさん納品して欲しいという人におすすめです。
文字単価で料金が決まることが多いので、内容の質というよりも量で費用の総額が変わってくる傾向があります。

同じ内容でも実績があり文章力が高いライターに発注することができるクラウドソーシングもあり、この場合の料金は費用相場よりも少し高めになりますが、会社によって設定が異なるので登録をして費用を確かめたり、いくつかの会社に少しずつ発注してみたりすると自分に合う会社を選びやすくなります。

ブロガーに依頼するときの費用相場

ブログ記事が欲しいという場合に、ブログを書きなれているブロガーにライティングを依頼すると、読みやすくて面白い記事を納品してもらうことができる可能性が高まります。

費用相場は、依頼の仕方によって異なりますが、クラウドソーシングと同じ程度か少しだけ高い程度が一般的です。

ブロガーがクラウドソーシングを利用して自分の得意な分野の記事をライティングサイトで納品している場合も多く、ブログ用の記事と指定することでクラウドソーシングを活用することもできます。

文章のテイストを指定することや例文や見本を出してテイストをある程度そろえるように発注することもできるのでブログ用の記事を安く発注したい場合にはブロガーへの依頼が人気です。

SEOを意識した記事ならライティング会社がおすすめ

検索結果でWebサイトをより多く露出させることで、多くの人が見る効率の良いサイトにすることができるので、検索エンジン最適化であるSEO対策はWebマーケティングを効率よく行うためにとても重要です。

SEOを意識した記事を作成してもらいたいという人におすすめなのは、検索結果を意識した記事作成をすることができるライティング会社の記事作成サービスになります。

目的に合わせた記事を検索結果での露出を高めながら作成することができる技術を持っているので、発注するだけでSEO対策をすることができるという魅力があります。

ライティング会社は、SEO対策に力を入れている場合が多く、効果的な記事を納品してくれるので費用対効果が高くなる傾向があります。

ライターを直接かかえているから依頼が伝わりやすい

Webサイトの注目度を高めて、より多くの人に見てもらうことができるサイトを作ることが期待できるライティング会社への発注をすることのメリットは、ライティング会社がライターを抱えていることにあります。

ライターを直接抱えているため、依頼内容がダイレクトに伝わりやすく、求めている内容やテイストの記事を納品してもらいやすいことが魅力です。

専門的な知識が必要な記事の場合には、内容を細かく指定する場合も多いので、ライターに依頼内容がきちんと伝わることは記事のクオリティーに直接つながる大切な要素になります。

ライティング会社のライターに記事作成をしてもらったことが無いという人やSEO対策を意識したいという人におすすめです。

webライターでのライティングの費用相場

SEO対策を効率よく行いたい人におすすめのライティング会社への記事作成依頼をして、Webライターにライティングをしてもらうための費用相場は、クラウドソーシングのライターに依頼する場合の費用相場と比べると高く、3円程度から8円程度になることが多いようです。

記事の内容や専門性の高さ、会社などによって料金が異なるので見積もりを取ってみることができる場合には、見積もりを依頼してみることもおすすめです。

料金だけで比較をすると高く思える場合もありますが、コストパフォーマンスを考えると費用対効果が高い場合が多いので、自分のWebサイトの性質や求める記事の品質と合わせて総合的に判断したり、組み合わせて利用したりする人が多いようです。

コンテンツマーケティング用の記事は費用が高め

コンテンツマーケティング用の記事で重要なのは、訪問者を満足させることができる内容がある記事を作成することです。

特に自社の事業や商品に関わる記事を作成するという場合には、クオリティが高いことがとても大切です。

専門的な知識やSEO対策、文章力などが高い記事を発注することになるため、コンテンツマーケティング用の記事作成は費用相場が高めになりますが、イメージや訪問者の増加、SEO対策をすることができて、質が高く時間を節約することができるため人気があります。

費用相場は、10円に達することもありますが、コストパフォーマンスが良く、売り上げアップにつながる記事を大量に納品してもらうことができると満足度が高いことが特徴です。

取材系の記事作成依頼にかかる費用相場

お店の情報や観光地の情報、サービス情報などを詳細に知りたいという人は多く、取材系の記事を掲載すると閲覧者が増えることが期待できるので、最近は取材系の記事を作成する人も増えてきています。

実際に現地に行ってきれいな写真を撮影してきてくれたり、道順が分かったりと内容が充実することがメリットです。

取材系の記事作成依頼の場合には、家や事務所で文章を作成するだけの記事作成依頼よりも、費用は高くなりますが、自分で行く場合の交通費や入館料などの経費と人件費、時間を考えると費用対効果が高くなるので最近大変人気がある記事作成のひとつです。

1か所あたり1万円から数万円の費用相場になるのですが、高品質な画像と詳細な情報、リアルな記事を発注するだけで手に入れることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*