ブログ作成でおすすめの無料サービスまとめ!アフィリエイトにも使える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SEOでオーソリティーを獲得している人物や、サービスが運用するオウンドメディアやセミナーで「Googleのアルゴリズムが進化して、ユーザーニーズを捉えていない低品質な記事の順位は上がらない」などと言われています。

個人的には半分賛成で、半分は反対です。

なぜならこの記事は、リード文以外はクラウド型の記事外注サービスで発注した文章を入れているだけだからです。

(この記事を見てる方がいる≒順位が獲得できているため、本件の成功を意味していると解釈しています)

記事の発注には以下の部分だけ指定をしました。

  • タイトルテキスト
  • 見出しテキスト

このように月間検索ボリュームが少ないキーワードであれば、ある程度のポイントさえ抑えておけば質が低いライターが書いた記事でも順位は獲得できます。

今回はShinobiライティングの見出し付き発注を利用して記事を作成しました。

<記事の依頼内容>

  • 文字単価:1円
  • 文字数:2,000文字
  • 見出し数:10
  • 1見出しの文字数:200文字
  • 見出しに挿入する文字:Googleサジェストから抜粋
  • ページ単価:2,000円

以下はクラウドで上がってきた文章をペーストしただけの文章です。(SEOのための文章なので読む必要はありませんw)

利用者最多!簡単に開設できるAmebaブログ

無料で作成できるおすすめのブログとなるとます名前が出てくるのがAmebaブログです。

ここは利用者が最多でブログといえばここといってもいいようなところですから、まずは押さえておきたいところでしょう。
使いやすさという点でも抜群で可愛くて使い勝手が良く、簡単に使えるという点でもおすすめ出来ます。

何より、多くの人が使っているので安心して使うことが出来るというのは大きな意味があります。
利用者が少なければ無料ブログはいつサービスが終了するか分からない不安がありますが、最も利用されているところなので、まずサービスの中止の不安が少ないという事も言えます。

多くの人が利用しているので、検索されやすいとも考えられますし、安心して使えるところです。

操作や更新性に優れたライブドアブログ

ライブドアブログは操作性が良くて、更新が簡単に出来るというところが良いところでしょう。
迅速にブログを行進したいというような人にはおすすめのブログです。

操作が分かりやすく直感的に理解することが出来るので、こんな機能があったらいいなというような時に、わざわざヘルプを見て作成するような事をしなくても、だいたいの操作は分かるようになっている所もうれしいところ。

簡単に使えて操作が容易なので、利用していて利便性が良いなという事を感じるようになるブログです。
出来るだけ早くサイトを作りたいというような人に向いているかもしれません。

多くの記事を書いたり、多くの修正、更新をするような人であればここがおすすめといえるでしょう。

カスタマイズのしやすさならFC2ブログ

カスタマイズのしやすさならFC2ブログが一番といってもいいでしょう。
ここはブログとして使う事も出来ますし、カスタマイズをしてホームページのようにして使うというと事も出来ます。

自分なりのオリジナリティを出したいという人であれば、ここがおすすめという事が言えるでしょう。
カスタマイズをする時にはある程度ヘルプを読み込まなければ出来ませんが、ここはそうしたヘルプの機能もしっかりと解説してあるので、安心して作業を進める事が出来るようにもなっています。

オリジナリティがありながらクオリティーも高いサイトを作成したいという時に真っ先に出てくるブログという事になるのかもしれません。
業界の大手でもありますから信頼性も抜群で安心して使用出来る事も魅力的です。

リスクの少ないアフィリエイト向けならFANBLOG

リスクの少ないアフィリエイトがしたいという事であれば、FANBLOGがあります。
アフィリエイトを考えると広告を掲載することが出来るブログにする必要があるのですが、ブログによっては商用利用を禁止しているようところもありますし、広告によって制限を設けている所もあります。

そのような事を回避してリスクの少ないアフィリエイトを考えたサイトを作成するのであれば、ここがおすすめということになります。
広告の表示を前提として考えられてもいるので、記事の邪魔にならずに適度に広告を見せる事が出来るようになっているという事も良いところです。

ビジネスを考えるのであればこちらはかなり使えるブログという事が言えるかもしれません。
広告掲載の出来る出来ないは仕事の根幹に関わるので注意しましょう。

SEOを意識するならはてなブログ

SEOという検索エンジンにいい評価をしてもらって、多くの訪問者を獲得するのであれば、はてなブログが良いでしょう。
こちらでブログを作成すると検索エンジンを意識したサイト作成をすることが出来ます。

しかもはてなブックマークという機能があって、オンライン上でお気に入りの情報を保存して公開することが出来るというシステムがあり、これによってより早くお気に入りのページを見ることが出来るというシステムもあります。

自分がいいと思ったものを他の人と共有することが出来るという事になり、他の人かいいと感じたものを共有することが出来るという事にもなります。
上手く使えば急速に仲間を増やしていくことも出来るブログという事が言えるでしょう。

オリジナルのWebサイトが作れるWordpress

オリジナルのWebサイトが作れて、カスタマイズも自在に出来て、アフィリエイトなどのビジネスでも使えるのがWordpressです。

ここは高品質なサイトを簡単に作ることが出来る上にさまざまなプラグインという付加機能も充実しているので、多様なテーマに対応してサイトを作り上げていくという事が出来ます。
ブログというよりはホームページに近い使われ方をするところがありますが、何でも出来るので多様な用途に対応できるという事です。

ビジネスで使うような人が多く使っているので、ビジネス系のプラグインが多くあるという事にもなっています。
趣味で楽しむことも出来ますが、その高機能性から仕事として使う人から支持されているところです。

広告まわりの自由度が高いJUGEM

自由度が高く、広告設定などの機能もあるのがJUGEMです。
広告というのはブログからすると邪魔ものという事になるのですが、これをなかなか自由に配置したりすることが出来ないのが多くのブログです。

何故ならブログが無料で使用できているのは、この広告があるからですから、何よりもこの広告優先で、あまりブログの作成者が広告周りをいじる事が出来ないようにしてあるのが普通です。

しかし、ここはかなり自由に設定をいじることが出来るので、自分のやりたい表示方法に近づけていくことが出来るという事が言えます。

広告の表示を変えたいというような人に向いている所という事が言えるでしょう。
特に難しい操作をすることなく簡単に設定は自由に変えることが出来ます。

楽天アフィリエイトを始めるなら楽天ブログ

楽天アフィリエイトを始めるなら楽天ブログがおすすめです。
同じ楽天系列が運営しているだけあって、連携が上手くできているというのがメリットという事になるでしょう。

アフィリエイトをする時にはブログとアフィリエイトサービスプロバイダとの相性が問題になる事もありますが、ここはそれがありません。
楽天でアフィリエイトを考えている人であれば、ブログはここで作成をして顧客をブログに誘導するという事を考えるといいでしょう。

連携がしやすいというだけあって、広告も掲載しやすいですし、関連しているということで、お客さんの流れも自然に誘導出来るという事があります。
いきなり知らない会社のブログに誘導されるとびっくりするような訪問者もいますから、同じ系列の会社だと安心してみてくれるという事も期待できます。

アドセンス広告で運用するならブロガー

アドセンス広告で運用するのであればブロガーというところが良いでしょう。
アドセンス広告はブログの運営会社によっては商用利用ということで掲載が出来ないところもある中で、ここはアドセンス広告を前提としているといってもいいような感じになっています。

当然ビジネスなどの商用利用は認められています。
ビジネスブログの作成に向いているので、仕事としてブログを考えている人であればこちらは有力です。

商用利用かどうかの判定がほとんどのブログ会社では曖昧になっているので、そのようなところを選んでしまうと広告掲載などでトラブルになる事もありますから、こうした商用利用が前提となっているところを選ぶのはアドセンス広告を考えている人であれば当然といっても良いかもしれません。

ブログの作成・開設は始める目的によって選ぶ

ブログの作成や開設は、始める目的によって選ぶ必要があるという事です。
目的が趣味であれば使い勝手が良くて、簡単に作れるものを選ぶという事になるでしょうし、ビジネスであれば商用利用を認めているところから選ぶという事が大切になります。

最悪なのは利用し始めて広告の掲載が出来なかったと気づくような事になるという事ですから、まずは自分が使用する目的を考える必要があります。
アフィリエイトなどのビジネスを考えるのであれば、商用利用ができるFC2などがおすすめとなりますし、趣味で簡単に作れるところというのであればAmebaのようなところを考えてもいいでしょう。

ブログの運営会社によってそれほど大きな差はありませんが、目的が違うと使えない事もある事に注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*