ブログの更新記事の作成代行サービス7選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SEOでオーソリティーを獲得している人物や、サービスが運用するオウンドメディアやセミナーで「Googleのアルゴリズムが進化して、ユーザーニーズを捉えていない低品質な記事の順位は上がらない」などと言われています。

個人的には半分賛成で、半分は反対です。

なぜならこの記事は、リード文以外はクラウド型の記事外注サービスで発注した文章を入れているだけだからです。

(この記事を見てる方がいる≒順位が獲得できているため、本件の成功を意味していると解釈しています)

記事の発注には以下の部分だけ指定をしました。

  • タイトルテキスト
  • 見出しテキスト

このように月間検索ボリュームが少ないキーワードであれば、ある程度のポイントさえ抑えておけば質が低いライターが書いた記事でも順位は獲得できます。

今回はShinobiライティングの見出し付き発注を利用して記事を作成しました。

<記事の依頼内容>

  • 文字単価:1円
  • 文字数:2,000文字
  • 見出し数:10
  • 1見出しの文字数:200文字
  • 見出しに挿入する文字:Googleサジェストから抜粋
  • ページ単価:2,000円

以下はクラウドで上がってきた文章をペーストしただけの文章です。(SEOのための文章なので読む必要はありませんw)

ブログ更新記事の外注会社を選ぶポイント

外注会社にブログの更新記事を依頼することは、不特定多数のライターに仕事をお願いすることになります。

ライティング記事の品質はピンピンキリではありますが、基本的にブログの更新記事を発注する会社が内容の確認を行った上で納品を行うため、ある程度の品質保証は図られることになります。

但し、利用者に納品が行われる成果物は、品質や納品期日の保証を行うものではありません。

また、以下の留意点があります。

  • 成果物は著作権その他の知的財産権の侵害
  • 納品する成果物は誤字や脱字や誤変換
  • 文字単価の安い記事は記事の品質が低い

プランもピンキリで、1記事2000文字で1200円などの料金になっているものもあれば、この金額よりも高い、もしくは安いなど様々です。

料金だけで記事作成代行サービスを選ぶのは危険

代行会社が外注スタッフから上がって来た原稿の内容確認は行っているものの、求めている校正ではないケースもあります。

そのため、記事作成代行サービスを利用した際の納品物については、自己チェックが必要です。

また、記事作成代行サービスの料金は文字数当たりの単価が様々です。発注する側としては安い料金の方が経費削減に繋がるため、料金比較を行って決めたいと考えるケースは多いと言えましょう。

しかし、品質面においては金額による差は大きく、誤字や脱字、誤変換などが大量に含まれている、文章力についても言い回しが遠回しになっている、意味が良く分からないなど、そのままでは利用が出来ないケースもゼロではないため、実績を踏まえて比較検討が大切です。

Build up|SEOを強化する記事の作成なら

記事作成代行サービス「Build up」
ブログの更新記事の代行が可能になるBuild upは、コンテンツマーケティングやオウンドメディアに特化した会社です。

オウンドメディアは自社が所有するウェブサイトなどを対象にしたものです。コンテンツマーケティングはコンテンツの品質を向上させ、集客力をアップするやり方です。

どちらもSEOに必須なもの、ブログの更新記事をBuild upに依頼することはSEOに強いライティングが出来る、より多くのユーザーからのアクセス数を増やすことに繋がって来ます。

Build upは1500文字以上の時は、1文字6円からの料金設定です。

さらに、発注する際にタイトルやキーワードが決まっていない場合の編集費用は1文字1円からの料金設定が行われています。

Shinobiライティング|納品実績が豊富!記事ライティングの老舗

記事作成代行サービス「Shinobiライティング」
記事制作依頼サービスのShinobiライティングは、専任のコンサルタントがSEOに効果的なキーワード選定、記事制作を提案するなどの特徴を持ちます。

制作実績も多く、リピート率は95%を超えている点においては制作実績および品質がしっかりしている証と言えましょう。

また、100記事を最短3日で納品などの大量発注も可能なこと、シェア数も多いなどは長期の中で信頼され続けている部分でもあるわけです。

さらに、注文自体は1記事から出来るので、試してみたい企業担当者にもお勧めです。評判の中にはコンサルティングもしっかりしているため、安心してライティングの依頼が出来るとも言われており、SEOの専門知識を持つコンサルタントが、より良いコンテンツになるよう提案を行います。

サグーワークス|ライターランク別に依頼可能

記事作成代行サービス「サグーワークス」
サグーワークスは、他の記事作成代行サービスとは異なり、ライターのレベルが設けてあるのが特徴です。

一般ユーザーはレギュラーもしくはゴールドになりますが、登録した時点ではレギュラーで、特定記事を書いて承認が下りるとゴールドに昇格します。

さらに、サグーワークスの厳しい審査を受けて頂点になるプラチナライターは試験に合格することでなれるもの、依頼する側もプラチナライターに記事をお願いしたいなど、選べるのがサグーワークスの最大の特徴と言えましょう。

また、ブログを運営している点においても、他の記事作成代行サービスと異なる部分です。料金は希望の記事内容のヒアリング後を行った上で見積りの提出が可能ですが、オンライン発注プランおよびオーダーメイドプランの2種類の料金プランが用意してあります。

クラウドワークス|ライターに直接記事の作成を依頼するなら

記事作成代行サービス「クラウドワークス」
クラウドワークスには多数のライターが登録をしている、ブログの更新記事の仕事を行う時には発注先との契約を結び行うなどの流れです。

契約を行うか否かは依頼者側が決めることが出来るため、ブログの更新記事の品質を重視したい企業担当者にとって魅力的なサービスと言えましょう。

さらに、クラウドワークスにはコンペ形式が用意してあるので、コンペに参加したライターの提案の中から気に入った案件を選べる魅力もあります。尚、クラウドワークスの利用料金は無料、ライターとの契約の中で金額を決めることが出来るのも特徴的です。

依頼内容の書き方や予算、相場などについてクラウドワークスのCWコンシェルジュが電話でサポートしてくれます。

記事作成センター|コンテンツの品質に評判がある

記事作成代行サービス「記事作成センター」
記事作成センターには、納期厳守・品質担保・簡単便利、3つの特徴があり、ウェブライティング分野において日々数多くの記事を作成する、さらにコンテンツ品質の評判を持つなどの特徴もあります。手間をかけずに大量にブログの更新記事を依頼したい、コンテンツマーケティングに利用したい企業担当者などお勧めです。さらに、記事作成センターは見えないコストを削減出来る、経費節減の効果を期待出来る魅力も持ち合わせています。コピーチェック校正やライターアサイン作業、誤字脱字のチェック校正、仕様書やライティングマニュアルの作成など、見えないコストが掛かりません。尚、記事作成センターの料金は1文字単価が1.5円と高めではありますが、見えないコスト削減によりトータルコストが下がるようになっているのです。

ferretコンテンツライティング|SEOツールの会社が運営する記事作成サービス

記事作成代行サービス「ferretコンテンツライティング」
ferretコンテンツライティングは、過去のSEOコンサルティングの中での実績とウェブマーケティングのノウハウを持つ記事作成サービスです。SEOでの成果を出すために必要なノウハウを持つと同時に、時間や工数が掛かるライティング作業を丸投げ出来るメリットを持ちます。

これらの作業はコンテンツ制作パッケージとして月額20万円からの提供が行われています。ウェブサイトはウェブマーケティングのツールであり、このツールを強化するためにはコンテンツ重視型のSEO対策が必要不可欠です。

尚、システムでは判別不可能なレギュレーションを20名以上のチェッカーが目視で行う、自社開発によるチェックシステムでコピーコンテンツを省くなどオリジナルコンテンツ制作が可能です。

アフィリエイト秘書.com|記事だけでなサイト作成も依頼可能

記事作成代行サービス「アフィリエイト秘書.com」
アフィリエイト秘書は記事作成代行サービスを手掛ける会社ではありますが、記事作成だけでなくアフィリエイトサイトの運営や管理も依頼が出来る会社です。

アフィリエイト活動をサポートするサービスを提供しているのがアフィリエイト秘書の特徴で、記事作成やホームページの作成、コンテンツ制作や相互リンクの代行、そして成果報酬型SEOなどウェブに特化したビジネスを手掛けています。

最近はブログを利用したアフィリエイトサイトを運営するケースも多いかと思われますが、集客力で伸び悩んでいる、より良いコンテンツを探しているなど、アフィリエイト秘書に相談がお勧めです。相談することでアフィリエイトに必要なものすべてを用意して貰うことが出来ます。

少量で発注して費用対効果を比較するのがおすすめ

様々な記事代行サービスを提供している会社がありますが、仕事の依頼を行う時には少量で発注を行い、費用対効果を比較することがおすすめです。

これは、それぞれの記事代行サービスが提供を行っているコンテンツの質を比較することでもあり、一度に大量発注した際に、コンテンツの質が良いものではない場合には、SEO対策の効果も半減する可能性があるからです。

SEO対策の中にはコンテンツを重視する、コンテンツSEOがありますが、制作記事の内容が充実しているものであるのか否かを確認することがポイントになります。

少ない費用でより大きな成果を生み出すためには、品質の高い記事を提供する記事代行サービスを利用する、費用対効果にも良い成果を与えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*