コンテンツSEO用の記事作成代行サービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SEOでオーソリティーを獲得している人物や、サービスが運用するオウンドメディアやセミナーで「Googleのアルゴリズムが進化して、ユーザーニーズを捉えていない低品質な記事の順位は上がらない」などと言われています。

個人的には半分賛成で、半分は反対です。

なぜならこの記事は、リード文以外はクラウド型の記事外注サービスで発注した文章を入れているだけだからです。

(この記事を見てる方がいる≒順位が獲得できているため、本件の成功を意味していると解釈しています)

記事の発注には以下の部分だけ指定をしました。

  • タイトルテキスト
  • 見出しテキスト

このように月間検索ボリュームが少ないキーワードであれば、ある程度のポイントさえ抑えておけば質が低いライターが書いた記事でも順位は獲得できます。

今回はShinobiライティングの見出し付き発注を利用して記事を作成しました。

<記事の依頼内容>

  • 文字単価:1円
  • 文字数:2,000文字
  • 見出し数:10
  • 1見出しの文字数:200文字
  • 見出しに挿入する文字:Googleサジェストから抜粋
  • ページ単価:2,000円

以下はクラウドで上がってきた文章をペーストしただけの文章です。(SEOのための文章なので読む必要はありませんw)

コンテンツSEO用の記事とは

コンテンツSEOにおいては、上位表示させることが一番の目的になります。

上位表示させることができれば、多くの閲覧者が現れ結果的にそのページの商品を購入してくれたり、サービスを利用してくれるでしょう。

お店理由ならば、立地の良い場所にお店を構えるようなもので、上位表示ほど重要なものはないとも言ってよいぐらいです。

上位表示させる場合、サイトを構築する上で重要になるのは、記事の内容です。記事の評価が高ければ、その分だけ表示される可能性が高くなり結果的に多くの閲覧者が現れます。

一般的には、検索エンジンを開いた時1頁目の上から3番目までに表示されれば大きくアクセスを伸ばすことができ、サイトを構築しただけの意味があるでしょう。

コンテンツSEO用の記事とは

コンテンツSEO用の記事もやはりその内容が重要になってくるところです。記事を作成しそこに表示されている商品を利用したいと思わせるだけの力が記事には必要になります。

サイトを構築する上で、何度もリピートして読んでくれるだけの内容のものを掲載するのが一番ベストです。

検索エンジンとしては、一回だけの訪問者がたくさん来るよりも数はそれほど多くないけども何度もリピートしてくれる人がいる方が高く評価します。

何度もリピートする記事は、たいてい興味深い記事か思わず読みたくなってしまうような面白い記事です。

そのような記事は、単にキーワードを羅列しただけやリライトしただけでは達成することができません。

やはり、専門的な知識を持った人が丁寧に書きあげていることが大事です。

SEO用記事の書き方

SEO用の記事の書き方ですが、まずはキーワードが重要になるのある間違いないところです。

キーワードは、一つでなければいけないわけではありませんが、1つの記事に対して10個も20個も入れると効果が薄くなるとされています。そこで、多くても3つから5つぐらいのキーワードに絞り込むことが重要になるでしょう。

そもそも一つの記事を書くときに、あまりにたくさんのキーワードを入れても何が言いたいのかわからないような内容になってしまい評価が下がる可能性があります。

次に重要なことは、記事の内容になります。内容がいい加減なものならば、まず上位表示されることはなくなります。

そのため、しっかりとした内容を精査し投稿することが大事です。

記事作成の外注はクラウドとライティング会社がおすすめ

記事作成を外注する場合には、クラウドソーシング型の業者に依頼してみてもよいでしょう。

クラウドソーシング型は依頼者と書き手の間に業者が入ります。このような仕組みをとることでたくさんの人を入れることができ、しかも人が増えれば増えるほどマッチングがうまくいきやすくなります。

ライティングは、専門的な知識を持った人の方がより質の高いものができあがりますが、そのためには個人的に契約を結ぶよりもクラウドソーシングを通じて契約を結んだ方がはるかに効果的です。

この時には、業者どうしてよく比較することが重要になるでしょう。

業者によってそれぞれ特色があり専門分野を持っていますので、自分の要求した通りにライティングしているくれるかどうかを確認しておきましょう。

激安の記事代行依頼はクラウドがおすすめ

クラウドソーシングといっても様々なタイプがありますが、記事代行してもらうためにはやすいところの方が理想的といえます。

中でも、激安な料金を提示してくれる業者もありますのでそのような場合には何かと便利です。クラウドソーシングの場合激安で引き受けてくれるところも少なくありませんのでいくつかあたってみると良いです。

激安のところに依頼するメリットは、経費を減らすことができることでしょう。

特に、記事の数が増えてくるにつれて割安のところの場合には負担が小さくなってきます。そのため、大量に記事を依頼するときには激安のところを選んでみましょう。

ただし、やすいところにはそれなりの理由がありそこまで品質が約束されていないこともあります。

激安の業者の場合には、サテライトサイトに利用するとよいです。

質の高い文章はライティング会社がおすすめ

便のサイトを作る場合などは、それなりの文章を作成しなければあまり意味がありません。

このような場合、質の高い文章を作成する必要がありますが、個人的に依頼するよりもライティング会社を通した方がよいかもしれません。

ライティング会社の場合には、とにかくたくさんの人がいてしかもそれぞれ専門分野を持っていることが多いです。

例えば、不動産の登記などの問題は素人ではなかなか理解しにくいですが、その分野にたけている人も中にはいますので、その人に記事を依頼することでより質の高いものに仕上げてくれます。

思わず専門家もうなってしまうような記事を作成してくれるとすれば、1文字1円でも安いと感じるでしょう。

ライティング会社といっても様々な種類がありますので、よく比較してみることが大事です。

おすすめのSEO被リンク用記事の代行サービス

SEO被リンク用記事を作成したい場合には代行サービスの業者を利用する必要がありますが、そのような業者の特徴はとにかくたくさんの記事を発給しますので多くのライターを抱えているところがよいです。

しかも、たくさんの記事を依頼することになるため、激安のところを選ぶことが大事です。

中には、大量に発注した場合の割引大幅にしてくれるようなところも存在します。

また、キャンペーンを行っており、ある一定の期間の間に契約をした顧客には半額にしてくれるようなところもありますのでよく調べてみましょう。

そのような代行業者は、生地の質よりも量で勝負する傾向がありますので高いレベルの記事はそれほど期待できない可能性があります。

おすすめのアフィリエイト用記事の作成代行サービス

アフィリエイトを行う場合には、専門的なサービスを行っている業者を選ぶことが大事です。

とはいっても、アフィリエイトに関する記事はたいていどこの執筆代行の会社も行っているサービスです。そのため、特に特定の会社を一つ挙げるのは難しいですが、一般的に大手と呼ばれている業者にお願いをしておけば確実に質の高いものに仕上げてくれます。

特に紹介文や説明文になりますので、紹介文や説明文に力を注入してくれる業者を選べばしっかりとした内容のものを作成してくれます。

料金は、サテライトブログを作るようなところに比べると若干高い傾向にありますが、それ以外の品質が約束されているとすればそれでも問題ないでしょう。

わからない点があれば、一度業者に聞いてみるのも一つの方法です。

おすすめのポイントサイト用記事の作成代行サービス

ポイントサイトでは、特別な文章を書くわけではありませんが商品の紹介などが多くなる傾向があります。

商品の紹介をする場合には、説明文のような書き方をしていてはまとまらないです。

そこで、商品紹介に関する記事を得意としている業者が必要になります。大手業者であれば、たいていはポイントサービスに対応した記事を作成してくれますので特に選ぶのは難しくないと考えるべきです。

一方で、小さな業者でもポイントサービスに使えるような記事を書いてくれるところも存在します。

料金は、業者によって大きく異なるものの1文字1円ほどに設定されていることがほとんどになります。

ただ場合によっては、もう少し安く提供してくれるところもありますので問い合わせなどしてみると良いです。

おすすめのブログ用記事の文章作成代行サービス

ブログ用の記事を書く代行業者も存在しますが、やはりたいていの業者はブログ用の記事を意識してライターを用意しています。

ブログ用の記事は、多少主観的な部分も入りますので、その点をよく理解してくれる業者に依頼するべきです。

サービスとしては、タイトルを決めてくれるところや見出しまで決めるところも存在します。

タイトルはともかく見出しを付けるのは、最近の記事作成では主流になっていますので自分でつけてもよいのですが、すべての依頼する記事に対して見出しを付けるのは非常に大変です。

このような場合には、業者につけてもらった方がよいかもしれません。ただし、その分料金がかかりますのでその点をよく理解して発注するべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*